坂本龍一が語る電気自動車・家庭用電力の未来とは / オーナーも納得の100%電気自動車『日産リーフ』機能まとめ

 

2010年12月の販売開始から、国内の累計販売台数1万2千台、全世界で2万5千台を突破した日産の100%電気自動車『リーフ』。リーフのオーナーとしては俳優の松山ケンイチ氏やテニスプレイヤーのクルム伊達公子氏が有名だが、2012年3月18日、そのなかの一人である音楽家の坂本龍一氏と作家の村上龍氏らがお台場の『グランパシフィックLE DAIBA』にて、150人のリーフオーナーたちと『Nissan LEAF the new owners’ meeting 2012』イベントを開催した。

そのなかでは坂本氏が住まいのニューヨークでリーフに乗りたいが、バッテリーが届かず乗れていないなどのちょっと面白いエピソードや、電気自動車を活用した生活やクルマ社会の未来についての議論が交わされたのだが、いったいなぜリーフのオーナーたちはここまで熱くなることができるのだろうか? それには『リーフ』の画期的な機能に非常に満足し、100%電気自動車を積極的に活用しているからだと考えられる。

今回はオーナーも納得の、日産リーフのスゴさをおさらいしたいと思う。
 
1.最大200キロメートルの走行距離
JC08モードを使用した場合、一回の充電での最大走行距離は200キロメートルと非常に長い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

この表示はなんですか? こちらをご覧ください。

おすすめ新着情報

新着ライフスタイルまとめ

新着ライフスタイルコラム

新着その他心理テスト

オススメコンテンツ
ニュース配信社一覧

女子のホンネ投票

Q.一か月あたりの服代は?
  • 3000円未満(18.3%)
  • 5000円未満(19.5%)
  • 10000円未満(23.2%)
  • 15000円未満(3.7%)
  • 20000円未満(9.8%)
  • 30000円未満(18.3%)
  • その他(7.3%)

もっと見る


Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.