【マクドナルド】ハンバーガーのパンを裏返しただけと言われてる新製品『マックトースト』を食べてみた / けっこうウマイ!

 
2013年10月4日からマクドナルドが発売する新メニュー『マックトースト』。トーストとはいうものの食パンを使った料理ではなく、ハンバーガーのバンズ(パン)を裏返しにし、チーズ2枚とロースハムをプレス焼きしたもの。この料理のイメージ写真を見た人たちからは「ハンバーガーのパンを裏返しただけじゃん!!」という声が出ている。

・パンを裏返しただけのテキトーな料理?
実はこれ、ヨーロッパ圏のマクドナルドで販売されている料理とほぼ同じもの。その味はどんなものなのか? パンを裏返しただけでテキトーに作った料理なのでは? フランスのマクドナルドで『マックトースト』と同一のものを食べた感想を話そう。

・同じ商品と考えて間違いない
フランスでは『クロックマクド』(LE CROQUE McDo)として販売されている。『クロックマクド』のイメージ写真を見ればわかるが、日本の『マックトースト』のイメージ写真とほぼ同じものである。つまり同じ商品と考えて間違いない。

・食べれば食べるほどチーズとハムのウマミ
実際に食べてみると、思った以上に密度があり、そして食べごたえのある料理であることがわかる。食べれば食べるほどチーズとロースハムのウマミ(油と脂とチーズのコク)があふれ出し、そこに普通のハンバーガーでは味わえないパンの「やや焦げた香ばしさ」がプラスされる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

この表示はなんですか? こちらをご覧ください。
ニュース配信社一覧

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.