女性型ロボットがお掃除 「人工知能」表紙イラストが”女性蔑視”と話題に

 

人工知能学会が刊行する学会誌「人工知能」の表紙デザインが「女性蔑視」ではないかとネット上で議論を呼んでいる。

これまで「人工知能学会誌」だった誌名を「人工知能」とするとともに、表紙デザインをリニューアルすることを学会が告知したのが12月25日(学会誌名の変更と新しい表紙デザインのお知らせ)。学会誌であることもあり、これまで取っ付きにくいイメージのあった「人工知能」という分野を「もっと広い範囲の読者にアピールすること」を目的に、柔らかいタッチのイラストを用いている。告知後は「新表紙良いと思います」という好意的なコメントも見られたが、翌日になってから徐々に「女性蔑視」を指摘する声がネット上で上がり始めた。

表紙は、「日常の中にある人工知能」というコンセプトで描かれた、ほうきを持ち、掃除機のアダプタにつながれた女性の姿。これについて、下記のような意見が上がった。

この表紙むちゃくちゃ気持ち悪い。こういう表紙にするって決めた人たちの中には女性の学会員はいたんだろうか?女性のロボットがつながれてて家事をしてるってヘテロ男性の性幻想丸出しだよね。

人工知能学会誌の表紙がリニューアルされて、ほうきと本を持つ女性型アンドロイド(?)のイラストになった。

関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

この表示はなんですか? こちらをご覧ください。
ニュース配信社一覧

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.