熟睡できない原因はこれ?豆電球クラスの明るさはNGだった

2013年8月20日 20:00
 


寝苦しい夏の夜、熟睡できていますか?今まで『美レンジャー』では、睡眠不足が肌荒れや肥満、年収の低下までも引き起こすことをご紹介してきました。ただ睡眠といっても、浅い眠りにはこれらのリスクがあります。理想の睡眠は、“熟睡できること”。しかし、多くの人がまだ熟睡を妨げる習慣を持っているかもしれません。

今回は、照明が睡眠に与える影響と、熟睡できる環境を作る方法をご紹介します。

 

■これだけは外せないメラトニン分泌条件

(1)300ルクス以下の明るさ

宮崎総一朗氏の著書『脳に効く「睡眠学」』によると、

<300ルクス程度の光も、長時間浴びるとメラトニンの分泌の抑制につながる>

ということが最近の研究で分かってきたそうです。つまり、300ルクスの明るさよりも暗い環境がメラトニン分泌につながります。

(2)波長の長い暖色系の明かり

メラトニンの分泌を阻害しない光の特徴として、波長の長い赤や茶色などの色がオススメになります。つまり、寝る前には暖色系の色を意識することが大切なのです。

 

■豆電球ですら熟睡の妨げに?

身近な光源のルクス数はどのようになっているのでしょうか?なんとなくの明るさの違いは分かりますが、実際の数値を参考として記載しました。

コンビニ・・・およそ1,500ルクス以上(店舗によって誤差があります)

蛍光灯(リビング)・・・およそ500ルクス~700ルクス

豆電球・・・9ルクス

月明かり・・・0.1~0.3ルクス

また、奈良県立医大の研究によると、ほぼ真っ暗の中で寝ている人と、豆電球をつけて寝ている人とでは、豆電球の人は、肥満になる可能性が約2倍という結果に。原因として「豆電球の下では熟睡できないから」としています。

 

■光りをシャットダウンする唯一の方法

また、奈良女子大学の岡田・梁瀬両氏による「寝室の照明が睡眠経過におよぼす影響」という1981年の論文によると、深い眠りのノンレム睡眠にスムーズに入れて、熟睡できる最適な明るさは0.3ルクスということでした。つまり月明かり程度の真っ暗闇がベストということになります。

光を感じる網膜は、目を閉じていても光の刺激を受け取っています。かといって、真っ暗闇の中寝ることに抵抗がある人もいるでしょう。そんな時にオススメなのがアイマスクです。

アイマスクというと、オードリー・ヘッブバーン主演の『ティファニーで朝食を』や、海外ドラマ『ゴシップガール』でも見かけますが、実際使用している人は少ないのではないでしょうか?熟睡が美人を作るというのを証明するかのように、スクリーンの中の美女たちも使用しているアイマスク。

 

いまいち熟睡できていないと感じている人は、ぜひアイマスクを試してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 驚愕!多くの女性が睡眠に悩むも「対策はしない」ことが判明

※ 恐ろしい!「睡眠不足と肥満化」の関係性がついに明らかに

※ 睡眠の質を高めて快眠を得る「たった2つのコツ」とは?【前編】

※ この夏の猛暑を乗り切る!無理なく簡単な「スヤスヤ安眠法」7つ

※ みんな勘違い!劇的に入眠できる「夏の快眠法」まとめ10ヶ条

 

【参考】

※ 夜間の豆電球使用が肥満・脂質異常症のリスクになる可能性を示唆  - 奈良県立医科大学

宮崎総一郎(2010)『脳に効く「睡眠学」』(角川SSコミュニュケーションズ)

あわせて読みたい
  • 「横向きvs.仰向け」老化防止や美容によい寝方はどっち!?
  • 夜寝る前の「食べ過ぎスパイラル」から抜け出せないNG習慣8個
  • やっぱり「骨盤」だった!ママになっても太りにくい人の共通点
  • ポテチが10倍のカロリー!? 身の毛もよだつ米国のカロリー表示
  • ダイエットをコツコツと継続させるために必要な魔法の言葉3つ
元の記事を読む


新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.