これで簡単に若く美しい髪に!自宅でできるスカルプケア【習慣チェック編】

2011年12月6日 16:00
 

古くから「髪は女の命」といいますが、肌と同じように髪も自然のままで美しいのは20歳前後までのよう。アラサーともなると髪の悩みは増えてきてで、薄毛や抜け毛とまではいかないまでも、最近「ヘアスタイルが決まらなくなってきた」「髪にツヤがなくなった」という若い女性は多いのではないでしょうか。

ヘアスタイルが決まらないのは髪のハリやコシが失われてきたせいかもしれません。毛根部のエネルギーが弱まると髪自体も弱々しくなってしまいます。また、ツヤがなくなってパサついたりごわついたりするのは頭皮にうるおいが足りなくなっていることを示しています。

美しい髪は一朝一夕にはいかないもの。気づかぬうちに頭皮に悪いヘアケア習慣を身につけていませんか? 以下に当てはまるものがあったら要注意です!

■1. パーマやカラーリングを続けている年々薬剤が改良されているとはいえ、染める年齢が早ければ早いほど髪のダメージは深刻。パーマとカラーリングを同時にしないようにし、施術後にトリートメントを怠らないなど、まめなケアが必要です。

■2. 朝シャンが日課朝シャンプーするとスタイリングも楽だし目が覚めるという人は少なくないと思いますが、朝シャンは頭皮にとっては良いことなし!

朝は時間がなくシャンプーがザツになりがちで汚れが十分に落とせない可能性もあります。

また髪が成長するのはゴールデンタイムといわれる夜の時間のほうが優位。朝シャンが習慣になっている人は、せめて朝シャンを丁寧にしたり週末は夜にシャンプーしたりするように、ちょっとしたことを心がけるだけで違ってきます。

■3. 不規則な生活&アルコールが多い髪は健康のバロメーターですから、髪のトラブルは体のバランスが崩れている証拠かもしれません。食生活はバランスよくお酒の回数や量には注意しましょう。

■4. シャンプーの回数が少ないor多い抜け毛が気になるからといってシャンプーの回数を減らすのは間違いです。頭皮の汚れを落としマッサージで血行を高めることが肝心なので、シャンプーは一日一回したほうがよいのです。

しかしフケや痒みが気になるからといって一日に何度もシャンプーをするのはオススメしません。一日二回以上するとかえって皮脂分泌量が増えてしまいます。

■5. すすぎが不十分頭皮の痒みやフケの原因はシャンプー剤の洗い残しだといいます。洗う時間の3倍はすすぐようにするとよいと思います。毎日のことなので小さなダメージが積み重なって頭皮のダメージにつながってしまうんです。

髪の毛は女性のシンボルのような存在、いつまでもキレイな髪の毛でいたいものですよね。次回は自宅できるスカルプケアのコツをお伝えします!

【自宅でできるスカルプケア】
これで簡単に若く美しい髪に!自宅でできるスカルプケア【習慣チェック編】
これで簡単に若く美しい髪に!自宅でできるスカルプケア【オイルマッサージ編】

元の記事を読む


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.