「筋肉質だと細くならない」は大間違い?筋肉の誤解を解明

 

「昔と体重は変わってないのに、体型が崩れてきた」「若い頃より運動する機会が激変して、筋肉が明らかに落ちた……」

このような経験は、年齢とともにほとんどの人が感じているはず。実はこの現象、放っておくと、とても怖い結果になってしまうのです。

美しい体型をキープする為にも、たるみの原因を知り、この現象を食い止めましょう!

■たるみの原因は“筋肉につく脂肪”だった!脂肪には、よく知られている“内蔵脂肪”と“皮下脂肪”がありますが、実は筋肉にも脂肪はつきます。筋肉への脂肪のつき方は2通り。

まず、筋細胞内脂肪(IMCL)といって、ミトコンドリア内で直接エネルギーとして利用されるもの。次が、筋細胞外脂肪(EMCL)といって、筋線維間に霜降り状に貯蔵されるもの。(霜降り肉はまさにこの状態です)

この筋細胞外脂肪(EMCL)が今回のテーマと関わってくる問題の脂肪です。なんとこの脂肪は、本来筋肉になるはずの“筋衛生細胞”が脂肪に変異したものなのです!

「なんで変異するの!?」と思った方、ちゃんと原因があります。

■筋衛生細胞が脂肪に変わる2大原因とは!?変異するにあたり、原因となるのが“運動不足”と“タンパク質不足”。


新着ビューティまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.