誤解したままは超危険!専門家が斬る「ニキビに関する迷信」10個【後編】

2012年4月1日 08:00
 

前回の記事よりお伝えしている“ニキビに関する迷信”。後編では、秋葉原スキンクリニック院長・堀内祐紀先生に、“ニキビの迷信”を斬っていただきます! 早速見ていきましょう。

■迷信7:ニキビは乾燥させたほうが治りやすい乾燥はニキビの大敵。十分な保湿が大切です。化粧水をたっぷりつけた後、油分の少ない乳液などで水分の蒸発を防ぎましょう。

ニキビができやすい部分は、コットンに化粧水を含ませたローションパックなどで重点的に保湿をするのも効果的です。

■迷信8:ニキビ治療には保険がきかないニキビは皮膚の病気ですから、保険適用内の塗り薬や飲み薬による治療は保険診療となります。

また、医療機関によっては、ピーリングなどの保険が適用されない自由診療のメニューが用意されているところもありますが、まずは保険診療で受診し、医師と相談しましょう。ちなみに保険診療の場合、初診料は薬代込みで1,500 ~ 3,000 円程度です。

■迷信9:軽いニキビは皮膚科に行くほどではない炎症を起こした赤いニキビも、最初は目立たない白いニキビですから、こうした“隠れニキビ”のうちに皮膚科を受診しておくことが大切です。

また、大人ニキビの場合、問診で思い当たる原因として多く挙がるのが、仕事などによるストレス。ストレスがかかると男性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂分泌を促進するため、フェイスラインや口のまわりの、ちょうど男性のヒゲが生えるあたりにニキビができやすくなります。

大事なイベントの前には、ストレスケアにも気をつけましょう。

■迷信10:ニキビは皮膚科に行けば数日ですぐ治る「結婚式やデート、就職活動の面接前などの大事なイベントがある日にニキビを作りたくない」と受診される患者さんも多いです。

しかし、きれいに治すためには数ヶ月かかることもありますので、ニキビの症状がひどくならないうちに受診されるのがおすすめです。

いかがでしたか? ニキビを効果的に予防・治療していくためにも、正しい知識は不可欠です! 迷信に惑わされず、早めに皮膚科を受診し、効果的なセルフケアをしていきましょう。

【ニキビ対策】
あの有名コスメでニキビが悪化!? 驚愕の事実が明らかに

大人ニキビができた時でもしっかりメイクで出社する方法

本当に消したいニキビを完璧に消すためのお手軽コスメ

【参考】※ 堀内祐紀プロフィール美容皮膚科『秋葉原スキンクリニック』院長。東京女子医科大学出身。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。効果や安全性を検証した上で、新しい技術を積極的に取り入れ、患者一人一人に最適な治療法を提案することをモットーにしている。元の記事を読む


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.