30歳を過ぎてから「肌がキレイな人」と言われるようになる方法

 

肌がキレイだと、顔のパーツは普通でも美人度は3割増しに見えるらしいです。男性から見ても「あの人、なんかキレイだよね」って言われるのは、やっぱり美肌な人だったりします。


赤ちゃんをみんなが「可愛い」と思うように、水分たっぷりでキメの整った肌は人を魅了するのです。それに、顔の面積の大半を占めるのは目や鼻、口などの顔のパーツではなくて肌。極端にいえば、整形を考える前に「いかに肌を美しくするか」ということに重きを置くのが先決かもしれません。

「でも、肌って遺伝とか生まれつきでしょ? 」と思う人もいますよね。私も、中学1年からずーっとニキビに悩まされてきて、一生肌がキレイにはなれないと諦めていました。

でも、スキンケアを変えただけで30歳を過ぎてから急に肌を褒められるようになって自分でも驚いています。「肌はいつだって変えられる」ということを身をもって体験しました。

まず、私自身が間違っていたことといえばスキンケアの選び方。ニキビ肌だったので、油分を与えないさっぱり系で統一していたから、乾燥によるニキビが増発していたようです。



新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.