若返りのハーブのエキスたっぷりの手作り化粧水

 

自宅で簡単に作れてしまう天然ハーブの薬効がたっぷり詰まった化粧水があるんです! 別名“ハンガリーウォーター”とも呼ばれるこの化粧水、アロマセラピーの歴史を勉強すると必ず出てくるほど有名で、「若返りの水」と呼ばれる、こんなエピソードもある位なんです。


14世紀のヨーロッパ、リウマチを煩っていた70歳を越えたハンガリーの王妃、エリザベートはリウマチの治療薬として使用していた“ハーブウォーター”をつけ続けていると、リウマチも良くなり、更に王妃の容姿も日ごとに若返って行くのでした。そしてついには隣国の若き王子からプロポーズされる事となったのです。のちにこのハーブウォーターは「ハンガリーウォーター」と呼ばれるようになりました。

当時は香りがとても良いので、香水としても使われていたハーブウォーター。使われているレシピを見てみると、これが若返りの水と言われている所以が納得できます。このハーブウォーターに使われている以下の4種のハーブ、特に血行促進と収れん作用(毛穴の引き締め)に優れているのです。

■1. ペパーミント緑茶、赤ワインなどにも含まれるポリフェノールの一種であるタンニンを含み、毛穴を引き締める、収れん作用があります。抗酸化力もある事から、動脈硬化を防ぎ、生活習慣病予防にも効果を発揮します。

■2. ローズマリーロスマリン酸を主成分としており、こちらもポリフェノールの一種です。また、ローズマリーは血行を促し、新陳代謝を促します。ローズマリーも収れん作用の強いハーブです。頭皮の血行促進や育毛効果もあり!

■3. ローズペタルフラボノイド、タンニン、ペクチン、ビタミンCを含みます。植物繊維としてのペクチンの特性は、整腸作用があり、血液中のコレステロールを下げ、中でも悪玉と呼ばれているLDLを下げる働きがあります。

また、ローズには鎮静作用があり、その優美な香りで気持ちを落ち着かせ、心身をリラックスさせてくれます。女性ホルモンのバランスを整え、弾力のある美肌へと導きます。

■4. オレンジピールオレンジの果皮を乾燥させた物で、ビターとスイートの2種類がありますが、ビターの方が薬効に優れています。主要成分はリモネンとビタミンC。リモネンが胆汁の分泌を促進し脂肪の分解を早めてくれます。ビタミンCはコラーゲン形成を助け、肌の弾力を増してくれます。

これだけたくさんのお肌に良い効能のある4種のハーブの薬効成分を抽出していくのですが、作り方はとっても簡単です。



新着ビューティまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.