春の紫外線の量は真夏とほぼ同じ! 失敗しない日焼け止めの選び方はコレ

 

気候が暖かくなってくると、気になるのが紫外線。「まだ日差しもそんなにキツくないから大丈夫」と油断していると、後々大変なことになるかも。

紫外線ケアはこれで万全! 春にピッタリの日焼け止めの選び方
春の日差しはやわらかですが、実は夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいます。特に曇りでも要注意なUVAは今の時期から急激に増え、真夏とほぼ同等に。後になって慌てないためにも、春の紫外線対策は万全にしておきましょう。

■春の日焼け止めは保湿重視寒く乾燥した冬を越した肌は、バリア機能が弱まりダメージを受けやすくなっています。さらに春は、気候の変化などで肌が不安定になりやすい時期。日焼け止めは、そんな肌をうるおしてくれる保湿力の高いものを選びましょう。

おすすめは、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているもの。また、デリケートな春の肌に刺激の強い日焼け止めは禁物です。「ノンケミカル」「ケミカルフリー」などと表示がある、紫外線吸収剤を使用していないものを選ぶとよいでしょう。



新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.