夏は“ブスおっぱい”になる可能性大 いますぐ始められる美乳ケア

2015年8月11日 18:00
 

MACO 専門家
MACO

紫外線にさらされるデコルテゾーン、冷たい食べものや飲みもの、シャワー浴など、暑い季節は“ブスおっぱい”をつくる要因がたくさんあります。この時期だからこそ気をつけたい、美乳ケアについてご紹介します。

目次

・1.デコルテゾーンの紫外線対策
・2.冷たい食べ物や飲み物はほどほどに
・3.お風呂タイムは美乳タイム
・4.ノーブラやチューブトップは要注意
【入稿】今日から始めたい夏の美乳ケア(仮)

(c) sexy girl in bikini and sunglasses relaxing on summer beach - Fotolia.com



1.デコルテゾーンの紫外線対策

美乳の要素として欠かせない「色白美肌のデコルテゾーン」をつくるためには、やはり紫外線対策がマスト。とくに夏は、首元が大きく開いたトップスを着用する機会が増えるため、顔と同様にケアが必要です。

日焼け止めを塗ったり、ストールを巻いたりして日焼けを予防しましょう。

夏でも快適なコットン素材のストールや、首から胸元を覆う日よけネックカバーなども市販されています。つばの広い帽子や日傘なども併用するとよいですよ。

色白美肌のデコルテゾーンは、視覚効果でおっぱいもふっくらしているように見えます。

2.冷たい食べ物や飲み物はほどほどに

暑い時期はどうしてもキンキンに冷えたそうめんや麦茶がほしくなります。でも、体が冷えすぎてしまうと血流が悪くなり、おっぱいも冷えてしまいます。夏でも基本は「温かい食事」「常温やホットの飲み物」をチョイスしましょう。


新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.