着目すべきは“粘膜力”! フレッシュな膣を保つための方法

2015年12月12日 07:00
 

日本では、どうしても“人には言えないこと”と認識されているデリケートゾーンの話題。情報はたくさんあふれているけれど、人と比べたり話しあったりする機会もないため、自分の体ときちんと向きあう機会もほとんどありません。

関連リンク

・“ミスユニバース公認”トレーナー監修のエクササイズアプリが気になる
・今年の脂肪は今年のうちに!腹筋美女プログラム パートⅠ
・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品 [PR]
窓辺でくつろぐ女性

© NinaMalyna - Fotolia.com



ところがフランスでは、最も信頼のおける親から性教育を学ぶ文化があります。膣ケアや生理、将来のセックスが、のちの体の健康や幸せな出産につながることを知っているからではないでしょうか。

また、フランスの母親は娘が初潮を迎えると、自らの指でデリケートゾーンの粘膜のチェックをさせることもあるとか。自分の体は自分で管理していくことの大切さを、身をもって体験させているのかもしれませんね。

今回は、デリケートゾーンケアとチェック方法をお伝えします。

■フレッシュな膣とはなにか

フレッシュな膣とはいったいどういうことでしょうか。まずは、きちんとぬれること。膣の粘膜は、鼻や口の粘膜と同じように体に侵入してくるウイルスなどの異物をブロックし、病気になるのを防いでくれるそうです。

“粘膜=免疫力”ですから、ぬれるということは免疫があるということです。なので、乾燥はNGです。化学繊維でできたおりものシートなどは、水分をうばってしまうこともあるので、自分の肌にあうものを使いましょう。


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.