早めのケアがポイント! 花粉症対策をしながら美肌になる方法

2016年2月2日 15:00
 

日本人の4人に1人が悩んでいるといわれるスギ花粉症。毎年シーズンになると、目のかゆみや鼻水など、外に出るのが憂うつになってしまいますよね。

関連リンク

・ボーボーは勘弁して! 女性が「冬につい油断しちゃうケア」第1位は?
・ボルダリング×デジタル「WONDERWALL」が2017年ヒットの予感
・アウトドア料理研究家に聞く自然から学ぶ子育て [PR]
ティーカップを持った女性の手

(c)Andrey Cherkasov - Fotolia.com



さらに花粉症は、肌荒れやかゆみなど、肌トラブルを引き起こすことも。つらい症状を防ぐと同時に、肌対策もしっかり行っておきましょう。

■アロマを使ったスチームケア

温かい蒸気で肌にうるおいを与えるスチームケア。この時期は、アロマで花粉対策もプラスしておきましょう。

自宅に専用のスチーマーがない場合は、洗面器のお湯で代用してもOK。やや熱めのお湯を洗面器に入れ、そこにアロマを数滴たらします。

湯気に肌があたるようにして、大きめのバスタオルなどを頭からすっぽりとかぶりましょう。

使用するアロマは、鼻やのどをスッキリさせてくれるユーカリやティートリー、スイートオレンジなどがおすすめ。

中でもティートリーは、鼻の通りを良くすると同時にニキビケアにも効果的といわれています。

■ハーブティーでリフレッシュしながら花粉対策

日頃からできる花粉症対策としておすすめなのがハーブティー。

1日2~3杯を目安に飲むことで、花粉症のつらい症状をやわらげる効果があるといわれています。

アレルギー症状の緩和に効果があるとされているのが、カモミールやネトル。とくにネトルは、ビタミンやミネラル、鉄分なども多く含むため、美肌にも役立ちそう。

そのほか、鼻づまりにはペパーミント、目のかゆみにはアイブライトも効果的とされています。

なお、カモミールは、ブタクサアレルギーによる花粉症の場合は症状を悪化させてしまうことがあるため注意しましょう。

■マスクで保湿効果

花粉対策として欠かせないのが外出時のマスク。花粉はもちろん、外の冷たい空気や乾燥からも肌を守ってくれます。

くちびるのカサつきが気になるときには、リップクリームやくちびる専用の美容液を塗ってからつけましょう。

吐く息によるスチーム効果で、しっとりぷるぷるのくちびるになれるはず。


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.