肌荒れに効果的! 今すぐ試したい「豆乳ヨーグルト」のパワー

 

美容に効果的な食材として、よく知られている大豆とヨーグルト。その2つの効果を“良いとこどり”したのが豆乳ヨーグルトです。

ヨーグルトを食べる女の子

(c)jolopes - Fotolia.com



牛乳ではなく豆乳を使うので植物性でヘルシー。自宅でも簡単に作ることができるので、普段の食生活に取り入れやすいのも魅力です。

■豆乳ヨーグルトの美容効果とは

豆乳ヨーグルトは、牛乳の代わりに豆乳を発酵させて作るヨーグルト。

美容や健康に大きく関わりのある腸内環境を整えてくれる働きは、一般的なヨーグルトと同じ。

さらに、豆乳ヨーグルトならではの女性にうれしい効果がたくさんあるのです。

豆乳の原料である大豆に含まれる栄養素として、よく知られているのが大豆イソフラボン。

このイソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、肌荒れの予防や改善にも効果的とされています。

豆乳に含まれる大豆サポニンには脂肪を燃焼させる効果が、カリウムには体内の老廃物を排出するむくみ防止効果があるといわれています。

■自宅で簡単! 豆乳ヨーグルトの作り方

豆乳ヨーグルトは自分で簡単に手作りできます。用意するものは豆乳と市販のヨーグルト、飲むヨーグルトでもOKです。

使いやすいのは1Lの豆乳パック。パックを開き中に入っている豆乳のうち700mlを使います。

そこにヨーグルト70gを加えパックの口を閉じたら、25℃くらいの温かい場所に半日~1日放置しておくだけ。

完成した豆乳ヨーグルトは、熱湯消毒をした密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、3日以内を目安に食べきるようにしてください。

また、雑菌の混入を防ぐためにもスプーンは清潔なものを使いましょう。

■普段の食事に取り入れやすい 豆乳ヨーグルトのおすすめの食べ方

豆乳ヨーグルトはそのまま食べてももちろんOKですが、甘みがほとんどないためはちみつやフルーツを加えると食べやすいでしょう。

朝食におなじみのグラノーラとの相性もバツグン。お料理の隠し味として使うのもおすすめです。

ドレッシングやみそ汁に少し加えると、元の味をほとんど変えずにまろやかさをプラスできます。



新着ビューティまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.