結局何が言いたいの? 聞いていて腹が立つ女友達の話4選

2016年4月11日 17:45
 


どんなに仲がいい友達でも、ときにはイライラしてしまうこともありますよね。特に、聞く側の気持ちを考えない話題や話し方などで、聞いていて腹が立ったという経験がある人も多いよう。そこで今回は、そんな聞いていて腹が立った女友達の話について、働く女性に聞いてみました。

<聞いていて腹が立つ女友達の話>■自慢話
・「彼氏の自慢話。彼氏の職業や実家がお金持ちなど、まるで自分のことのように自慢気に話していることに違和感を覚える」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「モテる自慢。次々彼ができることがいいこととは思えなくなったから」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「子どもや旦那の話ばかりされるとつまらないな、と思う」(31歳/その他/クリエイティブ職)

人はそれほど他人の幸せに興味はないものなのかもしれません。他人にうらやましがられたいときもあるかもしれませんが、嫌われたくないのなら自慢話は控えたほうがよさそうです。

■悪口
・「人の悪口。女性が言う悪口は大抵下品だから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「席を立った女の子のことを残った子で話しているのを見たりするとイラッとしちゃいます」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

人の悪口で盛りあがっている様子を見ると、不快な気分になるという人も多いようです。聞いていてイラつくだけではなく、自分は何も言っていなくても巻き込まれるかもしれないという不安もあるので、悪口が多い人からは離れたくなってしまいますよね。

■愚痴
・「会社の愚痴はいいとして、客観的に聞いて友達が悪いとき。反応に困る」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「ひたすら仕事の愚痴を言われるとき。しかも仕事の内容が私には理解できないのでいらだちと疲れがくる」(28歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「彼氏の愚痴を言っている女友達。男の子の立場に立って考えたほうがいいと思う」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

ストレスが多い社会人なら、時には誰かに愚痴りたくなるときもあるでしょう。でも、冷静になって、その話に生産性はあるかを考えてみたほうがよさそう。愚痴を聞かされる側は、その状況が理解できずに困惑しているかもしれません。■反応に困る内容
・「めっちゃ細い子が、『本当に太った~』って話しているとき」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「どうせ自己完結していて、私がどうアドバイスしても何にも変わらないような恋愛や人間関係の悩み話」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「いつも自分が苦労した話、大変だった話をされ『大変だったねー』と言わされるのがストレス」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

なぐさめてほしいときやただ話を聞いてほしいときなどは、相手の返答を期待してしまうもの。その魂胆が透けて見えると「確信犯だな」と思われてしまうこともあるようです。心にもないことを言うのはやめたほうがいいでしょう。

<まとめ>
いかがでしたか?聞いてほしい、肯定してほしい、うらやんでほしいという欲が見える話は、周囲からの評判もあまりよくないようです。友人関係を良好に保つためにも、会話の仕方には十分気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月11日~2016年3月15日
調査人数:157人(22~34歳の働く女性)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.