「デカフェ」って何? 授乳中もOKの「デカフェ」のコーヒーを飲んでみた!

2017年3月21日 12:29
 

コーヒー好きの私は、授乳中に「カフェインがNG」ということを知り、初めてカフェインレスコーヒーというものに出合いました。7年前はまだ、それほど商品は多くなく、ベビー&キッズ用品のお店にインスタントのものが置いてあったり、ネットショップで豆が売られていたりする程度でした。

new_IMG_0237


「デカフェ」とは、カフェインの成分を取り除いたもの

最近は、コーヒーショップなどでも「デカフェ」というものがあるのを知っていますか? 「デカフェ」(decafe)とは、本来カフェインが含まれているものから、カフェイン成分を取り除いたもののことを言うそう。つまりコーヒーや紅茶、緑茶、食品でもカフェインを取り除いたものは、デカフェのコーヒー、デカフェの紅茶になります。コーヒーの場合は、「デカフェ」=「カフェインレスコーヒー」で意味としては同じですが、「デカフェ」のほうが、おしゃれな印象ですよね。

コーヒーショップや専門店でも多く見かけるようになったデカフェのコーヒーを「授乳中のママにおすすめしたい!」と思ったものの、さて実際の味はどうなの?と、早速自分で試し飲みしてみました。

スタバでは、すべてのドリンクが+50円でデカフェにできる

まずは、『スターバックスコーヒー』でデカフェを注文してみました。

new_IMG_0238


本日のコーヒーをデカフェで注文。すると10分程待つと、できたてのデカフェがやってきました。

『スターバックスコーヒー』では、「ディカフェ」と呼び、すべての飲み物を+50円でデカフェにすることができるそうです。化学物質を使わないCO2 Method(二酸化炭素抽出法)を採用し、コーヒーの香りや味わい、風味をそのままにカフェインのみを取り除いているとか。

見た目の色や香りは、いつもコーヒーとあまり違いはありません。早速飲んでみると、おいしい! そして飲みやすい! いつものコーヒーよりも、やや苦みなどが和らいでいる気がして、飲みやすくなっているような気がします。これなら、コーヒー好きのママが納得できる味。ママ友同士で、お茶をしに来るときに「デカフェ」を注文するのも良いですね。

ポット提供の『ミスタードーナツ』は、お得感たっぷり!

次は、『ミスタードーナツ』で飲んでみました。『ミスタードーナツ』の場合は、カフェインを97%カットした「カフェインレスコーヒー」という名称でした。値段は280円(税抜)、注文すると、割とすぐに席まで届けてくれました。

new_IMG_0325


こちらも、いつものコーヒーと色や香りに大きな差はない気がしましたが、驚いたのは、ポットで提供されたこと。たっぷり量があるので、ゆっくり飲みたい時にも良さそう。早速飲んでみると、こちらは、しっかり味わいとコクがある印象でした。甘めのドーナツにとても良く合うと思います。

new_IMG_0328


上記のお店以外にも、『タリーズ』や『ドトール』、『上島珈琲店』などで「デカフェ」「カフェインレスコーヒー」のメニューが展開されているようです。

コーヒー好きのママにとって、コーヒーが飲めない暮らしは、なかなかさみしいもの。授乳中でも、おいしいコーヒーで上手に息抜きしながら、子育てを楽しみたいものです。

※記事の内容は、2017年3月現在のものです。

<写真・文:フリーランス記者武田由紀子

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.