夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめました

2017年2月16日 22:18
 


夜驚症・睡眠時驚愕症とは?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017003630

夜驚症は、夜眠っている時に突然起き上がり、極度のパニックを起こす睡眠障害の一つです。睡眠時驚愕症(すいみんじきょうがくしょう)ともいいます。

3歳~7歳の間の子どもに発症しやすいと言われていますが、まれに大人でも発症することがあります。この記事では、主に子どもの夜驚症についてご紹介します。

子どもの夜驚症は、睡眠から覚醒するための脳の機能が発達途中にあることが原因であるとされているため、多くの場合は成長とともに症状が落ち着き、特別な治療を必要としません。

夜驚症の症状は、眠りについてから起床するまでの前半3分の1以内の時間(入眠後1~2時間後くらいが最も多いと言われています)で起こります。そして1回のパニック状態の多くが1~10分以内で消失します。

夜驚症は、パニックを起こしている間に家族などが話しかけても、無反応かあるいはとても鈍い反応しか見せないということが多くあります。そして、朝に目を覚ますとパニックのことをほとんど何も覚えていないという特徴があります。

夜驚症・睡眠時驚愕症は医学的にはアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)と世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)で定義されています。以下はDSM-5の定義です。DSM-5では、「睡眠時驚愕症型」として「睡眠時随伴症群」のうちの「ノンレム睡眠からの覚醒障害」の中に分類されています。

睡眠から突然驚愕覚醒するというエピソードの反復で、通常は恐怖の叫び声で始まる。各エピソード中に、強い恐怖と、瞳孔散大、頻拍、呼吸促拍、発汗など自律神経系緊張の徴候がある。エピソード中、他の人達が落ち着かせようとしても反応がかなり悪い。

(日本精神神経学会/監修『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』(2014,医学書院/刊)p.181より引用)

http://amzn.asia/infsHuv


夜驚症・睡眠時驚愕症の原因とは?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038019681

夜驚症・睡眠時驚愕症の原因は明確に判明しているわけではありません。現時点では、脳における睡眠機能の発達が途中段階であることが深く関わっていると考えられています。そのため、目覚めの機能が完成する思春期までにほとんどの夜驚症の症状は自然に消えます。

睡眠は大きく分けてレム睡眠とノンレム睡眠にわけることができます。レム睡眠は比較的浅い眠りで、身体は休んでいるものの脳は活動している状態を指します。一方で、ノンレム睡眠は深い眠りで、身体も脳も休んでいる状態を指します。この2種類の眠りが睡眠の中で一定の時間ごとに交互に起こります。

しかし、夜驚症・睡眠時驚愕症を発症しやすいと言われている3歳~7歳は、レム睡眠とノンレム睡眠をはじめとした睡眠システム形成の真っ最中です。そのため、脳の中の睡眠と目覚めを調節している部分がまだうまく働いていないことがあります。

これにより、子どもが深い眠りのノンレム睡眠中であるにも関わらず、日中感じていた不安やストレス、恐怖などによって、脳に興奮が与えられてしまうことがあります。そうすると、脳が深い眠りにあるまま一気に目覚めに向かって覚醒しようとしてしまいます。通常眠りから目覚める時は浅い眠りのレム睡眠を経て覚醒しますが、まだその機能が未発達な子どもの場合、脳が完全には覚醒しないまま興奮状態になってしまうのです。

これにより、寝ている時に脳の一部が覚醒し、興奮・パニックを引き起こしてしまうにもかかわらず、本人は何も覚えていないという症状が現れるのです。

パニックを引き起こす原因となる、興奮の要因の多くが心理的なものです。心理的な要因とは、以下のようなことが挙げられます。

・日中のストレス
・恐怖体験
・緊張
・刺激過多
・不安

大人にとっては何でもないことだとしても、子どもにとっては強い不安や恐怖、興奮状態を引き起こす要因になります。例えば、怖いテレビ番組や本を見たり読んだりした、発表会や学芸会など緊張してしまいがちな出来事が近くにある、といったことでも夜驚症を発症する場合があります。また、旅行や遊園地へ行くなどといった子どもにとって楽しい体験も強い興奮が与えられるという点で、夜驚症のきっかけになることがあります。また、その他の要因として、疲れている時や発熱している時といった身体的な要因、遺伝的要因があります。遺伝的要因に関して明確にはわかっていないですが、DSM-5によると第一度生物学的親族(特定の個人から見て、父母や兄弟、姉妹を指します)では、夜驚症になる確率が10倍高いと言われています。

http://amzn.asia/7XysU8w
出典:日本精神神経学会/監修『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(2014,医学書院/刊)


夜驚症と夜泣きの違いって?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10154000874

夜に子どもが泣く、と聞くと子育て中のパパ・ママは「夜泣き?」と思うことが多いと思います。子どもを寝かせたのにまた泣き出してしまう、という共通点がある夜驚症と夜泣きはどの点で異なってくるのでしょうか。

夜泣きとは、「お腹がすいた、おむつが濡れた、暑い、寒い」などといった生理的な理由と関係なく泣き続けることです。夜泣きは生後3、4ヶ月ごろから1歳、2歳までの子どもに多く見られます。この時期の子どもは睡眠サイクルが不安定であるため、睡眠が浅くなりやすい傾向にあります。そして眠りから覚醒しやすいことに加え、この時期の子どもは覚醒した時に感じた不安や興奮をうまくコントロールすることもまだ難しい段階にあります。そのため、夜目覚めたときに泣いてしまい、夜泣きが起こるのです。夜泣きはパパやママの抱っこやスキンシップでだんだんと落ち着き、また眠りにつくことが多くあります。

http://www.ikomaiin.com/?%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D#content_1_7
参考:生駒医院‐夜泣き‐

一方夜驚症は、ただ泣くのではなく突然泣き叫んだり、恐怖に満ちた顔で泣き続けたりすることが特徴です。

夜泣きが発生する時期が新生児期~乳児期であるのに対し、夜驚症は3歳から7歳といった、幼児期から学童期に多く発症します。また、「夜驚症の原因とは?」でご紹介したように、夜驚症から起こるパニック状態は脳の一部分だけの覚醒により起こっています。そのため、周りが落ち着かせようとしても効果がなく、本人はパニックを起こしたことを覚えていないという点が大きな特徴です。


夜驚症と悪夢障害の違いとは?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161008417

夜驚症は睡眠障害の一つ、とはじめに説明しましたが、専門的な治療を必要とせず、辛抱強く見守るというケースがほとんどです。しかし、中には夜驚症とよく似た違う障害や疾患を抱えている場合もあります。以下で、夜驚症とよく似ていると言われている悪夢障害について、症状や夜驚症との違いを見てみましょう。

悪夢障害とは、強い不安や恐怖を伴った夢を頻繁に見る、睡眠障害のことです。3~6歳で始まることが多く、青年期後期あるいは成人期初期に重症度が高まります。寝ているときに激しい不安や恐怖を感じ、睡眠に影響が出るという点で夜驚症と悪夢障害はよく似ていると言えます。

夜驚症との違いは、悪夢障害の場合、絶叫や体動はあまりなく、目覚めと同時にはっきりと意識が戻るという点です。自分が見た嫌な夢をこと細かく話すことができるほど鮮明に覚えているという点も特徴です。夜驚症が深い眠りのノンレム睡眠中に起こるのに対して、悪夢障害は浅い眠りのレム睡眠中に起こるため、はっきりと覚醒できるのです。悪夢障害は過去の恐怖体験やトラウマが原因となり、似たような恐怖体験の夢を繰り返し見ることもあります。また悪夢障害の場合は自然に消滅しにくいと言われています。

子どもが悪夢を見る回数があまりに多い、目が覚めて夢の内容を詳しく話せる、という様子が見られるなら、一度小児科や精神科へ相談してみることをおすすめします。

http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f50/f51_nightmares.html
参考:ハートクリニックホームページ悪夢・悪夢障害


夜驚症とてんかんの違いとは?

もう一つ、夜驚症とよく区別される疾患にてんかんがあります。特に夜驚症と区別が難しいてんかんに「睡眠関連てんかん」というものがあります。これは、てんかん発作が睡眠時に限って起こる、あるいは発作の70%が睡眠中に起こるてんかんを指します。てんかんとは、慢性的な脳の疾患で、大脳の神経細胞が過剰に興奮することで、さまざまな発作が繰り返し見られます。夜驚症と特に発現が似ているてんかん発作としては、一つに精神発作が挙げられます。精神発作とは、見た目では分からない自覚症状のみの発作で、不安や恐怖感がわき起こってくるという発作です。他にも、突然意識を失ってうろうろ動き回る発作など、夜驚症の症状と見分けることが難しいてんかん発作がいくつかあります。

http://amcor.asahikawa-med.ac.jp/modules/xoonips/download.php/2009118524.pdf?file_id=3308
千葉茂田村義之阪本一剛、阿部泰之、高崎英気、山口一豪、吉澤門土、松田美夏/著『【夜、寝ている時に起こる異常行動】睡眠関連てんかん』(精神科治療学24巻2号)/2009

睡眠関連てんかんのように、寝ているときにてんかん発作が起こることはまれなパターンです。そのため、パパ・ママにとって夜驚症と睡眠関連てんかんをはっきりと見分けることはとても難しいことです。見分ける際には、以下に挙げたような、夜驚症を起こす頻度や時間がヒントとなります。

・子どもが寝始めた後、夜驚症の症状を起こす回数があまりにも多い
・子どもが眠りについてからあまりにも時間がたってから症状を起こす
・症状があらわれる一回の時間が10分以上である

子どもの夜驚症の症状にこのような「てんかんかも?」と思われるような特徴がみられる場合、一度病院で診察を受けてみましょう。小児科や精神科の先生に診てもらうことで、「子どもがてんかんかもしれない...」「夜こんなに激しく泣いたりわめいたりするなんて何かの病気かもしれない...」という不安の解消・軽減につながります。

また、夜驚症が頻繁あるいは激しく起こる子どものパパ・ママは睡眠不足になってしまったり、子どもをなだめたりすること、また子育てをしていること自体にも疲れていたりすることが多くあります。症状に不安を感じた時はもちろん、パパ・ママが疲れてしまうほどの症状を見せる場合も病院へ行くことをおすすめします。


夜驚症と発達障害との関係は?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032006258
夜驚症をはじめとする睡眠障害は、発達障害の二次障害として現れることが多いとされています。ここで注意すべきことは、夜驚症などの睡眠障害が発達障害を引き起こすという意味ではない、ということです。発達障害特有の性質が原因で、睡眠に影響が出やすいということです。

実際、発達障害のある子どもは発達障害がない子どもに比べて夜に覚醒する割合が高いというデータが出ていることから、発達障害のある子どもで夜驚症も併発しているケースも少なくありません。

http://portal.dl.saga-u.ac.jp/bitstream/123456789/121176/2/tanaka_201308.pdf
自閉症児の睡眠についての研究

これは、発達障害のある子どもは刺激に対して過敏であることが多いため、興奮状態になりやすい、ということが密接に関係していると考えられます。また、夜驚症は脳の発達と関連があり、発達障害のある子どもの場合睡眠をつかさどる脳機能が未成熟であったり、発達が遅れてしまうことがあると言われています。これが、発達障害と夜驚症が同時に現れる場合があることの理由の一つであると考えられます。


夜驚症の対処法は?治療法はあるの?

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021184

夜驚症は子どもの脳の発達との関連が深いため、成長が進むにつれて症状が治まるケースがほとんどです。それゆえ、多くは専門的な治療を行うことはなく、経過観察といった方法をとります。つまり、子どもの夜驚症に対してパパ・ママ自身が落ち着いて、対応することが何よりも大切です。子どもに夜驚症という診断がつき、経過観察という措置を取った場合、以下のようなことを頭において夜驚症を起こす子どもに接してみましょう。

・子どもがパニックを起こしても無理に押さえつけたり止めたりしない
・子どもが泣き叫んだり動き回ったりすることを想定して、危険がないような環境をつくる(戸締りを確認する、けがにつながるようなものを置きっぱなしにしていないか確認する、など)

パパ・ママが夜驚症についてよく理解し、このようなことを意識して子どもに接することが、夜驚症を発症する子どもを見守る際に大切な姿勢となります。しかし、夜驚症があまりに激しく、親子の睡眠や健康に支障をきたしている、子どもだけでの宿泊行事の際に不安を感じている場合など、経過観察だけでは心配に思うパパ・ママもいると思います。その際は、小児科や睡眠外来のある精神科に症状を具体的によく相談し、何か良い治療法や方策がないか聞いてみることもよいでしょう。カウンセリングや投薬治療などで夜驚症の症状を軽くすることができることもあります。

http://www.tamahoku-hp.jp/clinic/sleepdisorder.html
公益財団法人東京都保健医療公社多摩北部医療センターホームページ

DSM-5には、夜驚症を発症している人のうち大人である確率は2.2%というデータがあります。冒頭でもご紹介しましたが、夜驚症を発症する大人はとても珍しいと言えます。

http://amzn.asia/bGiuVH7
出典:日本精神神経学会/監修『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(2014,医学書院/刊)

大人が夜驚症の症状を見せる場合、ストレスが関与している何らかの二次障害であることが多くあります。そのため、まずストレスの要因が何にあるのか、そして軽減できないか考えてみましょう。また、子どもの場合と同じように、寝室環境を整えることも夜驚症の無意識な行動によるけがの防止のために重要な対処の一つです。

夜驚症の症状に悩んでいる、原因が自分ではわからないときは、睡眠外来や精神科のある病院・クリニックを訪れてみるのもよいでしょう。また、以下に掲載したような病院・クリニックのホームページなどを参考にする際は、「睡眠時随伴症」と書かれた箇所に夜驚症に関する情報が載っていることもあるので、合わせて見てみることをおすすめします。

http://www.ncnp.go.jp/hospital/guide_s_outpatient/detail07.html
国立精神・神経医療研究センター病院

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html
厚生労働省知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス


まとめ

夜驚症・睡眠時驚愕症とは?特徴、原因、対応方法、治療法についてまとめましたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161009003
夜驚症とは、眠っていても突然泣き出したり騒いだりしてしまうことです。恐怖に満ちた顔つきや泣き方の激しさ、そしてそのパニック状態を覚えていない様子を見ると、パパ・ママとしてはどうしても不安に感じてしまいますよね。

しかし、夜驚症は子どもの成長の一過程で起きるものであることがほとんどであり、時間の経過とともに症状が落ち着くというパターンがほとんどです。そのため、夜驚症の子どもがいるパパ・ママにできることは夜驚症のメカニズムや詳細を知り、落ち着いて子どもを見守ってあげることです。

しかし、成長段階で起きるものとはいえ、子どもだけでなくパパ・ママも睡眠不足などで生活に支障が出る場合、他の疾患も疑われるほど夜驚症の症状が激しい場合は小児科や精神科で診察してもらうことも一つの手でしょう。病院で一度診てもらうだけで、不安がある程度軽減できたり、子どもへの対応方法がわかったりします。子どもの状態を一度冷静に見直したうえで心配なことが残るならば、小児科医や精神科医の先生に相談することをおすすめします。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.