ママ友関係が決まる!? 失敗事例に学ぶNG入園式ファッション

2017年2月11日 21:00
 

source:https://www.shutterstock.com/
早いもので月に入りました。保育園や幼稚園が決まり月の入園を控え、お子様はもちろんママもワクワクしているのではないでしょうか?

第一印象は重要で、入園式にどのような格好で臨むか息巻いているママもいらっしゃるかもしれません。

しかし、待ってください。その理想像、変な方向に向いていませんか?

今日は、やりがちな入園式ファッションをご紹介します。



ファッションを選ぶときの基本的なポイント
source:https://www.shutterstock.com/
入園式は、恩師に感謝を伝える卒業式と異なり“新しい門出”をお祝いする日です。

上品で清潔感があり、かつ華やかさがあるフォーマルスタイルを選びます。

(1)スーツの選び方

・スタイル:ベーシック。

・スカート:どんなに短くしたくてもひざ上くらいの長さ。

・パンツ:スキニーやワイドすぎるものは避けて。

・色:黒や暗いグレーは避け、ホワイトカラーやパステルカラー、明るめのグレー。暗めの色のスーツには、コサージュなど小物で華やかさを出します。

 

(2)バッグなどの小物

・バッグや靴:フォーマルスーツにあうもの。

・ストッキング:ナチュラルカラー。

・コサージュ:華やかになりますが、派手過ぎるものは避けましょう。

・髪飾りやイヤリング:派手過ぎるものは避けます。

入園式ファッションNG事例
source:https://www.shutterstock.com/
(1)失敗!「無難に」が逆に目立った

自分の年齢も少し若いし、黒やグレーのスーツで大人っぽさを出そうと思って、スーツだけでなく、バッグなど全て黒で統一して行きました。

しかし、みんなが明るめのスーツを着ている中、1人だけ喪服のようで恥ずかしい思いをしました。

 

(2)意外!? ストッキングの選び方も大切
少し個性を出したいと思い網タイツを選んだら、「少しビジュアル系みたい」と友人に言われました。

柄ストッキングやミニ丈の靴下を履くコーディネートも可愛いと思っていましたが、入園式ではないときに履こうと思いました。

 

(3)親子コーデで恥ずかしい思いを

ヘアアレンジが苦手だったり、親子コーデも流行っているからか、親子でリボンカチューシャをしている人を見かけました。

子どもは可愛いですが、「大人はどうなの?」と入園後のママ友との話題になっていました。

 

(4)パパもチェックされている

ママはちゃんとした格好でも、パパがカジュアルな家庭があり驚きました。

ノーネクタイくらいならわかりますが、ジーンズやカジュアル過ぎるジャケットは浮いていました。

パパのスタイリングも、こうしてチェックされているのです。

 

(5)体系を気にしてチュニックを選んだら…

少し太めの体系を気にして、ワンピースでも、ウエストラインがでないストーンとしたチュニック型で悩んでいました。

少し丈が短めだったので、スパッツやパンツと合わせるかを考えていましたが、夫に「おばさん臭い」と言われ、普通のスーツに変更しました。

 

いかがですか?

年齢や体系により、スーツの選び方は異なりますが、子どもが主役だということとお祝いの場ということを考えて選べば、間違えは少なくなります。

失敗している人も多いので、もし、そのようなママを見かけても大らかな目で見守ってあげましょう。

実は、とてもいい人かもしれませんよ。素敵な1日にしてくださいね。

 

【画像】

※ ESB Professional, bokan, Maria Svetlychnaja / shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.