14年前のヒット曲『佐賀県』はなわが牧瀬里穂に謝罪

2017年3月21日 11:08
 

関連リンク

・鈴木亮平、34歳の誕生日に役者として誓い「幕末の志士と同じ情熱を腹に…」
・満島ひかり、永山絢斗と“恋人役”共演 映画『海辺の生と死』
・大阪・道頓堀に巨大な“キヨっさん”登場 街頭ビジョンでNHK新番組PR


アメーバニュース

お笑い芸人はなわが、14年前にヒットした曲『佐賀県』の中で、女優の牧瀬里穂が佐賀県出身であることを公表してない件について歌い、本人に謝罪したとをブログで明かした。

NHK-FM『今日は一日“失恋ソング”三昧』に出演した際に牧瀬と共演したというはなわ、「勝手に名前を使った事に対して、本人がかなりショックを受けていると風の噂で聞た事があり、それからずっと気になっていたんです。」と無許可で歌ったことについて心配していた。

「ドキドキしながら楽屋へ挨拶へ行き、「当時は勝手に名前を使ってしまいすいませんでした!」
と言うと、牧瀬さんは「えー、なんで謝るんですか?逆に使ってくれてありがとうございます^_^ 全然嬉しかったですよ。」と最高の笑顔で言ってくれたんです。
14年間ずっと胸に引っかかっていたものが消えた瞬間でした」と当時から喜んでいたという牧瀬に「めっちゃキレイで良い人でした」と安堵したはなわはその後、新曲の『お義父さん』や佐賀県についても語り合ったという。
最後に、牧瀬や共演した有働由美子アナらとの集合写真を公開した。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.