『仮面ライダー大戦』昭和vs平成の決着はファン投票で決定、龍騎以来の挑戦

 

3月29日に公開される特撮映画『平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』における、平成対昭和の結末が、映画史上初となるファン投票で決定することが明らかになった。

これまで東映は「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」といったさまざまな「VSシリーズ」を制作してきたが、先日の「東映ラインナップ発表会」にて、東映の白倉伸一郎プロデューサーは、「VSシリーズと言いながら戦ったためしがない。今回の『仮面ライダー大戦』は、平成が勝つ、昭和が勝つ、勝ち負けの結末をきちんと描く」と宣言。ファンの間では大きな話題となっていた。

本作のエンディングは、平成ライダー勝利、そして昭和ライダー勝利という2パターンが制作され、ファン投票の結果から、映画の公開初日にどちらか一方のみを上映。『仮面ライダー』における複数のエンディングといえば、2002年~03年にテレビ朝日系で放送された『仮面ライダー龍騎』(インターネット投票と電話投票で実施)があるが、映画作品では前代未聞の挑戦となる。投票は本作の公式サイト上で受け付け(2月末より上映劇場でも実施)、期間は2月9日8:00~公開前日の3月28日。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.