【雑学キング!】対皮脂汚れ最終兵器! ベタつく夏を乗り切る重曹洗顔のススメ

2009年8月6日 00:28
 


重曹と言えば、お菓子のふくらし粉に使うというイメージしかなかったんですが、最近になってこいつが油汚れにものすごい効果を発揮するということを知りまして、食器を洗う時や、お風呂の掃除などには重曹を溶かした水溶液を使っています。体の中に入っても安全な物質なので、洗剤を使うよりも自然や肌に優しいのだとか。ということはひょっとしたら洗顔なんかにも使える…? というわけで今回は重曹を使った洗顔にトライしてみました!

と、その前にまず、なぜ重曹が油汚れに効果があるのかという部分を説明しますと、これはせっけんの作り方と同じ仕組みだからそうです。せっけんは水酸化ナトリウムと油を加熱して作りますが、重曹も水酸化ナトリウムと同じアルカリ性の物質(ごく弱いアルカリ性ですが)。ですから重曹と油を反応させながら掃除するというのは、洗剤を使わずにその場でせっけん的な物質を作りながら掃除しているのと同じ効果があるのだとか。しかも重曹には酸性のにおいの元を中和する消臭効果があるので、洗剤代わりに使うのにまさに最適。重曹がすごい! これがあればもう食器用洗剤とか特に買う必要ないのでは…? 50g70円ぐらいで買え、コストパフォーマンス的にも優秀。こんな便利なものがあったとはなぁ…。

●重曹パックを作ってみる

そんな「魔法の粉」重曹で、早速洗顔にチャレンジ。このやり方も非常に簡単で、いつもの洗顔料に重曹を一ツマミ入れて普通に洗うだけなのだとか。しかしせっかくなので、今回は重曹と同じく酸化した皮脂を溶かす効果があるオリーブオイルと合わせて、重曹パックを作ってみました。

と言っても、やり方は重曹大さじ一杯(15g)と、オリーブオイル小さじ一杯(5g)を混ぜてペースト状にして、顔の上に広げるだけと実に簡単です。うーん、重曹の粉のザラザラ感がスクラブみたいで結構刺激的。これでほんとにスベスベのお肌が手に入るのかしら……って、男が言うとほんとうに気持ち悪いですが、しばらく小汚い顔面をマッサージした後に普通の洗顔せっけんで洗い流してみると…。

おおおお!ツルツル!ほんとにツルツル!スベスベだ!かつてこんなにもサッパリしたことがあっただろうかというほど、皮脂が落ち切った感があります。これがアルカリ性の力なのかー。重曹の消臭作用を期待して、鼻の穴の中まで洗ってやりました(鼻の穴をつまんで息を吸うと、なんか変なにおいがしませんか?しませんか)。皮脂のベタつきをきれいサッパリ洗い流せる、重曹洗顔。原価10円にも満たない値段でこんなスベスベ感が得られるんですから、何だか毛穴パックとかを買うより断然お得な感じがします。ただあんまり皮脂を落とし過ぎるのも逆によくないっていうことなので、重曹洗顔は週1回ぐらいにしておくのがベスト! 肌の弱い方は刺激が強すぎて肌荒れを起こしてしまうかもしれないのでその辺りご注意を。重曹は加齢臭にも効果てきめんということなので、「どうも最近枕のにおいが……」という方は、重曹を使った洗顔・シャンプー等を試してみてはいかがでしょうか!

(原宿/オモコロ)

【関連リンク】

洗濯ちゃんとしてますか?読者500人にアンケート!
重曹は洗濯にも使えます。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.