ユニクロの新作ボトムス着こなしを、カリスマ・スタイリスト亀恭子が伝授

2013年3月5日 12:00
 

高品質でハイデザイン、そして低価格。ファッション界を常にリードし続けるユニクロ。そんな同社の「2013年春夏新作ボトムス発表会」が25日都内で行われ、人気スタイリストがおしゃれな着こなし方を披露した。


同日からスタートするユニクロ2013年春夏シーズンの第一弾キャンペーンは、ボトムス。「ラクな私が、いちばんカッコいい」をテーマに、シルエットや見た目のデザインはもちろんのこと、はき心地の良さにも重点を置く。

女性の定番ボトムスである「レギンスパンツ(ニット、プリント、デニム)」は約40色柄で展開し、伸長率40%回復率90%を誇る素材が特徴的な「ウルトラストレッチジーンズ」は定番のインディゴカラーに加え、ヴィヴィットな新色で登場。

さらに女性のレギンスパンツの発想から生まれた「メンズレギンスジーンズ」が新登場。独自に開発したストレッチ性の高い素材使用のジーンズで全17色を用意し、メンズファッションの可能性をさらに広げる。

今回の新作は「自然体で無理をしない、自分らしさを表現したいというスタイルに変化している顧客のニーズ」に合わせたもので「はきやすい、気持ちよく、動きやすい。でもカッコいい一枚」を目指しているという。

この日の発表会では、女性ファッション誌「CanCan」で人気モデルの押切もえ、蛯原友里などのスタイリングも手掛けた人気スタイリスト亀恭子氏が登場し、新作ボトムスを使用した用途別コーディネイト方法を披露した。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.