安藤美冬の転機を支えた、「挑戦する恐さ」を吹き飛ばしてくれた1冊とは

2013年3月20日 18:00
 

毎日働いていれば、順風満帆に見える人だって、迷ったり、悩んだりしている。そんな働く女性たちの「心の教科書」となり得る推薦図書を注目の知識人たちが紹介。どの本を手に取り、そこからどんなヒントを得て、どう行動するかはあなた次第。心の支えとなる1冊を見つけて。

『マイクロソフトでは出会えなかった天職』ジョン・ウッド/著(武田ランダムハウスジャパン)

ソーシャルメディアでの発信と「自分ブランド化」の戦略を取り入れて、肩書や仕事の領域を決めずに多様な仕事を手掛ける、独自のノマドワークスタイルが注目を浴びる安藤美冬さん。

やりたいことを次々に実現しているように見える彼女も、実は「最初の一歩を踏み出す怖さ」と常に闘っているそう。悩みや迷いの中で立ちすくんでしまっていることもあった――そんな安藤さんを勇気づけ、大きく背中を押してくれた本に迫る。

■働く女性なら誰もが「小さな怖さ」に日々直面している「やりたいことが見つからない」と悩む人がいる一方で、「やりたいことは見つかったのに、それを実現するために一歩を踏み出すのが怖い」と考え、前へ進めずにいる人も多いと思います。

転職や独立といった人生の節目に関わることだけでなく、例えば会議で自分のアイデアを発表することすら怖いと感じることって、よくあると思うんですね。

「私には周囲を説得できるだけの力はない」とか「アイデアを出しても、それを実現するだけのリーダーシップが自分にはない」などと考えて、つい発言をためらってしまう。働いている女性なら、こうした「小さな怖さ」に日々直面しているのではないかと思います。

私自身、その怖さとずっと闘ってきた人間なので、気持ちはとてもよく分かります。

>>続きを読む


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.