ただのアニメじゃない!? TOYOTAとアニメの気になる関係とは 

2013年12月13日 12:00
 

日本のアニメと言えば、ジャパニメーションと呼ばれ、今や世界中で大人気。映画などを好んで観るという人も多いのでは? WEBで見ることができる『PES(Peace Eco Smile)』も気になるアニメーションのひとつ。


『PES』の特徴としてまず挙げられるのは、この作品が自動車メーカーのTOYOTAと、アニメ制作会社として有名なSTUDIO4℃とのダブルネームによるものということ。なぜ自動車メーカーがアニメーションを? その疑問を、株式会社トヨタモーターセールス&マーケティングの稲川博さんに訊いてみました。

アニメーションを自動車メーカーのマーケティングに使用するのは、「TOYOTAというブランドを表現していくタッチポイントを増やし、いろいろなアプローチを使用するため」と稲川さんは言います。

そうすることで、TOYOTAに対して親しみやすいイメージを与え、10年20年先のTOYOTAブランドファンを作っていくことを考えているのだそう。


その上で、『PES』に込められているのは、「移動する喜び」「自分たちだけの空間」「当たり前に安全であること」といったクルマ本来の価値。それがストーリーを楽しむうちに、自然に感じられるようになっているから、私たちは素直にアニメーションを楽しめばいいのです。

ストーリーそのものは、住みたい街として注目を集める吉祥寺を舞台に、宇宙人Pes(ペス)を主人公に、彼が恋をする南井来実との、宇宙から来た青年とごく普通の女の子、そのふたりをとりまく世界が描かれています。

新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.