使いこなせていなければ意味ナシ!? 現金ポイントカードの達人になろう!

 

ショッピングや食事のお支払いのときに、近頃よく耳にする「ポイントカードをお持ちですか?」の言葉。ポイントを貯めると、お買い物代金として還元されたりギフトカードがもらえたり…と、おトクなことも多いので日々の倹約術として利用している人も多いはず。そんなイマドキの賢い女子なら複数枚持っているであろう現金ポイントカードですが、実は有効に使いこなせていないことが多いのだとか。


「お店の人にすすめられて作ったのはいいけれど、結局あまり使っていない」なんてカードが多い人は注意信号! 今すぐに見直す点は、「カードの整理」と「上手なポイント活用術」です。

おトクさにつられてたくさんのカードを持っていると、お財布の中はパンパンになってしまうし、探すのが面倒になって使わないことも…。そうならないためにも、よく使うお店のカードをすっきりとまとめておきたいものです。そこでおすすめなのが、阪急阪神のショッピングセンターで使える現金ポイントカードが1枚に統合された「阪急阪神おでかけカード」。

これさえあれば個々のショッピングセンターのカードを持つ必要がなく、「カードの整理」がラクにできてしまうのです。では、「上手なポイント活用術」とは?

■ポイントを分散させずに、まとめて貯める!現金ポイントカードを持ったら、まずは効率的にポイントを貯めることからスタートです。「阪急阪神おでかけカード」は、とにかく使える店舗数が多いのがうれしい!

4月から導入されているHEP FIVE、阪急三番街、NU 茶屋町、NU 茶屋町プラス、ディアモール大阪、ロサヴィア、ミング・阪急高槻、G・コレクション阪急宝塚に加え、6月には阪急西宮ガーデンズでも運用開始。10月には、HERBIS PLAZA、HERBIS PLAZA ENT、ウイステ、エビスタ西宮を加えた合計13のショッピングセンターの1,200店舗で使えるようになるのです。


トレンドが集まる梅田エリアと阪急・阪神沿線にある郊外型店の両方がカバーされているので、スーパーでの食料品など日常的なお買い物から、ちょっと特別な日のショッピングや食事まで、いろんなシーンでポイントを貯めていけるのが魅力。

また、これらのショッピングセンターは、学生やOLや主婦といった幅広い層が楽しめるお店がたくさんあるから、家族でショッピングをしたときのポイントを1枚のカードに全部まとめてキープしておくことも。貯められるシーンが多いので、「気づけば意外と貯まっていた!」なんて、なんとなくラッキーな気分も味わえちゃいます。



新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.