大人も夢中!誕生60年「ミッフィー」の魅力

2015年4月14日 14:00
 

赤木真弓 ライター
赤木真弓

丸い目にばってんの鼻と口を持つ、かわいらしいうさぎの女の子 “ミッフィー”。絵本 “うさこちゃん” シリーズを小さい頃に読んだという方も多いのではないでしょうか?

現在でも福音館書店から発売されている、ブルーナさんの絵本。


ミッフィーは、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが、1955年に海辺でふと描いたうさぎがきっかけとなり誕生。ミッフィーシリーズ最初の絵本が、『ちいさなうさこちゃん』として日本で翻訳されてから50年が経ちました。これまでに刊行されたブルーナさんの絵本は120タイトル以上(うちミッフィーは30タイトル以上)、50カ国以上で翻訳され、世界中で愛され続けています。

現在は制作から引退している、作者のブルーナさん。Photo:F.Andre de la Porte


絵本『ちいさなうさこちゃん』(第1版、1955年)。1作目のミッフィーは耳が広がっていて、現在の形になったのは1963年以降。


ミッフィーの絵本は、赤、黄、青、緑、茶、グレーの6色に、輪郭線に使われる黒という決まった色でデザインされているのが特徴。作者の名前にちなんで、「ブルーナ・カラー」と呼ばれています。シンプルな線と色使いにこだわるブルーナさんは、絵本作家になる前は父親の経営する出版社で、専属のグラフィックデザイナーとして活躍。手がけたペーパーバックの装丁は2000冊以上、そのデザイン性の高さからコレクターがいるほど人気です。

ミッフィーが子どもだけでなく大人にも人気が高いのは、デザインとしても秀悦なところにあるのかもしれません。

『ちいさなうさこちゃん』(第2版、1963年)の原画。


ブルーナさんが手がけたペーパーバックの一部。一目でブルーナさんのデザインだとわかるかわいらしさ。




新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.