楽でかわいいフラットシューズ オフィス仕様にするときの注意点

2015年5月28日 19:00
 

ヒールがなく歩きやすいフラットシューズ。ここ数年ブームが続いており、この春夏もかわいらしいデザインのものが続々登場しています。

関連リンク

・マルニからアーティスティックな鳥のオブジェが登場、伊勢丹新宿&銀座三越の限定ストアで発売
・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品 [PR]
・モデル・紗羅マリー、ミュージカル「RENT」で初舞台!「精一杯頑張りたい」
楽でかわいいフラットシューズ オフィス仕様にするときの注意点

(c) Africa Studio - Fotolia.com


見た目もかわいく長時間でも長く履けるフラットシューズですが、ヒールがない分、どうしてもカジュアルに見えてしまいがち。とくにきちんと感が求められるオフィスシーンでは、「やっぱりヒールを履かないと」と思っている人も多いかもしれません。

選び方を工夫すれば、カジュアルスタイルNGの職場でもフラットシューズで大丈夫。きちんと感をキープしつつ、スタイルアップも叶えるコツがあるんです。

■ヒールがなくてもきちんと見えるポインテッドトゥ
フラットシューズというと、多くの人が思い浮かべるのが、コロンとした形がかわいいバレエシューズ。黒やグレー、ブラウンなどシンプルなカラーが揃い、一見オフィスでも大丈夫そうに思えます。

でも、バレエシューズなどのつま先の丸いフラットシューズは、どうしてもカジュアルなイメージが強くなります。オフィスカジュアルOKの職場なら大丈夫かもしれませんが、そうでなければ避けた方が無難。

オフィス仕様のフラットシューズでまず選ぶべきは、つま先のとがったポインテッドトゥ。ヒールがなくてもきちんとした足元を演出でき、スーツに合わせても違和感がありません。女性らしい上品さもあり、フラットシューズでありながら脚を長く華奢に見せてくれる効果もありますよ。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.