若手に嫉妬…上には評価されたい…30代女性社員のとるべき態度って? 【心屋仁之助 塾】

2015年6月30日 12:00
 

志緒村亜希子 ライター
志緒村亜希子

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門が相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。職場でのたち振る舞いに悩むという、にゃんたさん(38歳・会社員)のお悩みに、心屋塾上級認定講師の志緒村亜希子さんからアドバイスをいただきました。

目次

・ひまわりさんのお悩み
・心屋塾上級認定講師の志緒村亜希子さんより
若手に嫉妬…上には評価されたい…30代女性社員のとるべき態度って?  【心屋仁之助 塾】

(c)pathdoc - Fotolia.com



ひまわりさんのお悩み

こんばんは。最近、職場で自分をどのように表現したらいいのかわかりません。仕事も卒なくやれているとおもいますが、他人の目が気になります。いや、むしろ嫌なこともハッキリ言いますから、自分を出していないとは思えません。年齢も高くなってきていますので、責任ある仕事も任せて貰えます。若い世代が多く、彼女らは楽しくやっていると感じてしまいます。また年上の人に対しても寛容でなくなっているなと思います。

人数が少ない世代で、早くから厳しい仕事を求められたのに、今になって若い世代が甘やかされていてずるいと感じているのかもしれません。割り切った付き合いをすればいいとわかっていますが、周りがオープン過ぎるのに嫌悪感をもってしまいます。どのように考えたら良いでしょう。

心屋塾上級認定講師の志緒村亜希子さんより

この状況をどのように考えたらよいか、とのことですが、まずこんな風に見てはいかがでしょうか。周りがオープンすぎるのではなく、にゃんたさんが心をぎゅっと固く閉じてしまっている。閉じていると、開いている人が気に障るように感じるものですよね。

また、自分を出しているし嫌なことはハッキリ言っているとのことですが、もしかしたらそれは自分を表現しているというよりは、本音を違う形の変化球に変換するのが得意なのかもしれません。

本当は仕事を頑張ってきたことを認めてほしかったり、若い世代には先輩としてもう少しリスペクトを持ってほしかったり、という腹が立つような寂しい気持ちが本音でありつつ、正直それが人に知れるとカッコ悪い。それを隠す代わりに強い態度で出たり、孤立することで自分を守ってしまうのです。

つまりあなたが心を閉じてしまったのは、周りが分かってくれないと感じて、拗ねてしまったのかもしれませんね。

心が閉じると、ますます本音が言えなくなってしまいます。その状態で「認められたい」という気持ちが満たされないままでいると、もっと大変な役割を背負うなど頑張り続けることで認めてもらえるまで周囲に無言のアピールをしたくなります。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.