デスクワークの人は要注意! 怖いマウス症候群とは

 

仕事やプライベートでパソコンをよく使用する人は要注意! 目や腰などへの負担だけでなく、パソコン作業の多い人はマウスを操作している手がある病気にかかりやすいって知っていましたか?

マウス症候群って知ってる? デスクワークの人が陥りやすい病気について

(c) cristovao31 - Fotolia.com



その名も「マウス症候群」。一体どんな病気なのでしょうか。

■パソコン作業をする人は気を付けて!

マウス症候群は、長時間パソコンを扱う人なら誰しも発症する恐れのある病気です。長時間同じ態勢で同じ動作をするために、マウス症候群になってしまうというケースがほとんどです。

最近はスマートフォンでも同じような症状が出てきているので、長時間同じ姿勢、同じ動作はなるべく避けるようにしましょう。

■マウス症候群の症状とは?

気になる症状には次のようなものがあります。
  • 手や手首、肩、ひじなどの痛み・しびれ
  • 握力が低下する
  • 背中、肩のコリや倦怠感
他にも、目の疲れや頭痛など。手とは直接的に関係のない部位にも影響があるため、デスクワークが多いかたはこれらの症状が出てきた場合は、マウス症候群を疑った方が良いかもしれません。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.