ペットボトルの水は4種類ある! 意外と知らない「品名」の意味

 

普段何気なくコンビニで買い求めるペットボトルの水。みなさんは、それらがどこで汲んだ水をどうやってボトリングしているのか、どんな特徴の水なのか、気にしながら選んでいますか?

水の摂り方でカラダは変わる! 体質や目的に合わせてお水を選ぼう

(c) VadimGuzhva - Fotolia.com



藤田紘一郎さんの書籍『水だけで健康になる!美しくなる!藤田式ウォーターレシピ』によると、

ヒトの体内で水が占める割合は、年齢や男女差によっても異なりますが、胎児では、実に体重の90%が水で、新生児は80%、幼児は70%ほど。これが成人になると男性では約60%、女性は約55%となります。
呼吸も循環も、また食べ物の栄養の消化・吸収・運搬も、さらには老廃物の排泄(はいせつ)なども、すべての活動は水がないと立ち行かないのです。』
とあるように、それほど水は重要ということ。そんな水について、もっときちんと知っておきたいものですね。

ペットボトルの水には、農水省が定めた決まりごととして表示ラベルがついています。

ここに書かれている内容が理解できれば、商品名やうたい文句によるイメージに踊らされることなく、店頭でより適切なチョイスができます。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.