物憂げな心にアプローチ。「虹色タイムスケジュール」で気持ちまでカラフルに! 

2015年9月18日 11:00
 

暦の上では秋。にぎやかな夏が終わりひんやりした空気が漂い始めると、人肌恋しくなったり、理由もなく寂しいような気持ちになったりしませんか? 

関連リンク

・シウマイ年賀状も!? 人と差がつく「年賀状のちょっとした工夫」3つ
・アウトドア料理研究家に聞く自然から学ぶ子育て [PR]
・アレは避けなきゃダメ!休肝日にすべき「肝臓デトックス」簡単3ステップ
物憂げな心にアプローチ。「虹色タイムスケジュール」で気持ちまでカラフルに! 

(c) Aliaksei Lasevich - Fotolia.com



ちょっぴりメランコリックなこの季節には、メンタルにアプローチするといわれる「色」の効果を取り入れて心を元気にしてみるのも、よいかもしれません。

今回は、色彩専門オフィス「セレスティー」代表の鶴巻亜記さんに、物憂げな心にアプローチする「色の効果」と、日常生活に色を取り入れるヒントを教えていただきました。

■太陽光を視覚化した「虹の7色」、その効果とは

なんとなく気分があがらない、やる気が出ない…。そんな気分のときには「虹の7色が持つ色の効果を上手に取り入れて、心身のバランスを整えてあげるとよいでしょう」とカラーコンサルタントの鶴巻さん。

虹の7色は、「太陽光をプリズムという物質に通して、見えるようにしたもの」なのだそう。

実は太陽光とメンタルは密接に関係していて、太陽光をあまり浴びていないとストレスを感じやすくなることが、医学的にわかっています。つまり、太陽の光を色に置き換え、視覚から取り入れて元気になろう! ということ。

さっそく、虹の7色それぞれの「色の効果」を教えていただきました。

  • 赤:行動力、実行、血圧・体温を上げる
  • オレンジ:前進、活動、社交性
  • 黄:計画性、知性、明るさ
  • 緑:調和、リラックス、落ちつき
  • 青:冷静・意思伝達、鎮静、血圧・体温を下げる
  • 藍:信頼、安静、インスピレーション
  • 紫:想像力、眠り、ヒーリング効果


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.