真の姿が明らかに! 旅行で発覚した“同僚女性”の意外な一面

2015年9月20日 13:00
 

日のように顔を合わせる同僚女性。職場だけの付き合いに留まらず、プライベートでも親交があるという人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、「同僚との女子旅」をクローズアップしてみました。

真の姿が明らかに! 旅行で発覚した“同僚女性”の意外な一面

(c)Syda Productions - Fotolia.com



「会社の同僚と女子旅に行ったことがありますか?」と聞いてみると、「ある」と答えた人は3割強。仕事後や休日に飲みに行ったり遊びに行ったりすることはあっても、旅行となるとなかなかハードルは高いもの。そう考えると、なかなか多い数字と言えそうです。

真の姿が明らかに! 旅行で発覚した“同僚女性”の意外な一面

旅行は深くお互いを知ることができる絶好の機会。非日常をともにしたからこそ見えた、同僚女子の意外な一面を教えてもらいました。

【女子力、侮るなかれ】
「普通体型だと思っていた先輩が、お風呂で脱いだらナイスバディーで驚いた」(27歳/秘書)
「旅行前に東京駅に寄ったからと、お土産に話題のスイーツを買ってきた同僚。みんなの分がしっかり用意されていて、さりげない気遣いができることに感動しました」(32歳/マーチャンダイザー)

【飲み過ぎ注意】
「2夜連続、同じ話で説教してきた…」(30歳/一般事務)
「酔いつぶれて、部屋のお風呂で眠ってしまったA子。起こしても起きないし、そのままにもしておけないし、どうしていいか困りました」(36歳/営業事務)

【その理由が判明】
「軽く飲みながらご飯を食べて、その後コンビニで買出しをして再び部屋飲み。さらに寝る前にカップ麺の大盛を食べていた同僚。だから太っているんだ、と思ってしまった」(37歳/エステティシャン)
「遅刻の多い同僚が、夜の肌のお手入れに1時間以上掛けているのを目撃。思わず納得」(38歳/総務・人事)

【性格が不一致です】
「海外旅行でまったく英語をしゃべらず、全てこちら任せ。私も得意ではないのに、値切り交渉まで通訳させられてつらかったです」(36歳/管理栄養士)
「体力がなく、すぐに休憩したがるので、いろいろなことをしたい欲張りな私はヤキモキしっぱなし!」(34歳/マーチャンダイザー)

【マイペースにもほどがある!】
「一緒に行動しているのに、自分が見たいお店があると、周りを気にせずに立ち寄ってしまう。勝手だな、と思いました」(27歳/スクールマネジャー)
「眠くなったと言って、ホテルに戻って寝てしまった。私は1人でパリを満喫しました(笑)」(35歳/クリエイティブ)

【身近にいた汚ギャル予備軍】
「さんざん歩いて汗もかいたのに、夜、お風呂に入らない…」(36歳/経理・財務)
「疲れたからと、買ってきたソフトクリームを地べたに座って食べ始めた。さらに次の朝、洗面台に大量の抜け毛が…。普段ファッショナブルな人だけに、とても残念でした」(28歳/総務・人事)

>>続きを読む



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.