人生の大きな転機にも! 朝時間の活用に成功した人がしたこと

2015年9月29日 22:00
 

久しぶりに会う友人とカフェで待ち合わせをしていた時です。

ちょっと遅れるとメールがあったので、のんびり待つ間もうひとりの友人とともに、クロワッサンとコーヒーをいただいていました。

関連リンク

・子どもにどう伝える? サンタさんのプレゼントがリクエストと違ったら
・「ママ友から素敵と思われる家の特徴」判断基準ポイント1位はどこ?
・こだわりの豆なのにマズっ!「ドリップ式コーヒー」NGな入れ方3つ

(c) chayathon2000 - Fotolia.com



は~幸せ…とコーヒーカップから顔をはなした瞬間、店の入り口から声が。どこかで見たことあるような…?と思っていたら、当の友人でした。

朝のヨガ教室に参加して、2か月で14キロのダイエットに成功したそうで、まるで別人の彼女にビックリしたものです。

夜型人間がまだまだ多いイタリアですが、最近は都市部を中心として「朝活」が流行りだしています。

普段はできないことに挑戦する人も多く、自分の人生を大きく変えるきっかけになるケースも。

そんな彼らが実践している「朝時間の活用方法」について、ご紹介します。

1.朝の語学レッスン

朝6時から開講している太極拳&中国語の講座に参加した友人がいます。

「結婚後、体重が20キロ近く増えて、医者から『このままだと糖尿になる』とおどかされ、キツくなさそうな運動を探していた」のがきっかけだったとか。

ひとつひとつの動作に名前があることを知ったとき、「技の名前をちゃんと言えるようになりたかった」ことから、中国語も学びはじめました。

早起きは大変だったんじゃない? と聞くと「最初の1週間はつらかったけど、その間体重をはかりつづけていたら1キロ近く減っていて。語学にも健康にも効果がある、と思ったら一気にテンションが上がったよ」と語る彼。

「朝、レッスンのときに習ったフレーズをひとつ選び、仕事中休憩をとるごとに、それを10回は復唱する。家に帰ってからそのフレーズを紙に書き出したあと、太極拳をしながらさらに復唱する」のが、彼の学習ルールでした。

それが見事実り、商社への転職にも成功。今も朝6時からの習慣は欠かさないそうです。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.