初対面でもこまらない会話ネタって? ひとりで参列する結婚式で楽しく過ごすコツ

2015年10月3日 13:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

秋はウェディングシーズン。友人や親戚、会社関係の結婚式に参列する人も多いのではないでしょうか。

目次

・席次のお願いをしておく
・初対面でもこまらない会話ネタ
・披露宴の受付を引き受ける

(c) Halfpoint - Fotolia.com



新郎新婦の新しい門出を祝う結婚式、喜んで出席したいけれど、招待客の中にひとりも知り合いがいないと、ちょっと気まずく感じてしまう…。でも、せっかくなら気持ちよくお祝いして、楽しく過ごしたいですよね。

■席次のお願いをしておく

もし参列する結婚式や披露宴に知り合いがひとりもいない場合、ポイントになるのが席次です。

自分以外の全員がグループで、盛り上がっているテーブルにひとりポツンと過ごす…なんていう状況は避けたいですよね。

そうならないために前もって、できるだけ過ごしやすい席次にしてもらうように新郎新婦にお願いをしておきましょう。

「できれば話がしやすい人たちと同じテーブルにしてほしい」などと伝えれば、新郎新婦もひとりで式に参列する不安を分かってくれるはず。

もしかしたら、同じテーブルになる人たちにも事前に声かけをしておいてくれるかもしれません。ほかにもひとりで参列する人がいるなら、その人と近い席にしてもらえれば当日の気まずさも半減します。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.