「負け組」「おちこぼれ」そう感じた時に試してみてほしいこと 【心屋仁之助 塾】

 

メディアで話題の心理カウンセラー・心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「部活を辞めてから勉強も不調…」という、砂糖さん(学生)へ、心屋塾上級認定講師のこうさかあきこさんからのアドバイスです。

Let it go(c)phloxii - Fotolia.com 心屋塾お悩み相談

(c)phloxii - Fotolia.com



砂糖さんのお悩み

先日、部活を引退して受験生になりました。でも同じ部活の人でまだ引退しない人達がいて、その人達が羨ましくて、いつもそのことが頭からはなれません。

勉強も引退直前まではすごく頑張れていたので、それを思い出してがんばろうとしてるのですが、そもそも学校に行きたくないと思うようになってきました。モヤモヤして苦しいです。どうすればこのモヤモヤを取り去ることができるのでしょうか? 

■心屋塾上級認定講師のこうさかあきこさんより

同じ部活の人でまだ引退しない人達がいて、その人達が羨ましいのですね。文面から察するに、結果を残している人たちだけが今も引退しないで残っているということでしょうか?

そうだとしたら、砂糖さんは自分のことを「私は活躍できなかった人だ」と思っているから、今も引退しないで活躍し続けている人たちを羨ましく思って、頭から離れないわけですよね。

私は負け組
私はおちこぼれ

そんなふうに、だれかと比較して自分はダメだと思ってしまっているので、自分以外の「なにかよさそうなもの」を見つけて羨望のまなざしを送ってしまっているのかもしれませんね。

砂糖さんは、子供の頃から自分の身近にいる自分ではない誰かが認められていて、悔しい思いをしてきませんでしたか?

お姉ちゃんなのかもしれないし、妹かもしれないし、近所の子かもしません。

一度「このままの私を認めてよ」と言ってみてください。「私を誰かと比較しないで」「このままの私をすごいって言って」と言ってみてください。

砂糖さんは自分のことを、「私は負ける人間」「評価されない人間」「優秀な人と比べて劣っている人間」だと思っているのかもしれません。どこかで「自分は人より劣っている人間」だと思いこんでしまって、それを誰よりも自分が信じているから、自分の周りをとりまく世界にその証拠が集まって来ているのです。

ここでちょっと視点を広げてみませんか?


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.