自己評価が低いあなたに。へこみ知らずなメンタルをつくる4つのヒント

2015年10月22日 21:00
 

ずっと温めていた企画が社内で通らなかった、営業先で思うように仕事がとれない、彼に振られてしまった…。私たちの生活に幾度となくやってくる「断られる」シーン。

その都度落ち込んで、また断られることが怖くてつい臆病になって、自信を持てなくなってしまったり…。

関連リンク

・喧嘩をしても「お互い謝らない」が27.7% 謝らずに生活できるのが夫婦の●●?【パパママの本音調査】 Vol.31
・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品 [PR]
・ウワッ…嫉妬深すぎ!夫婦仲に打撃を与える「危険な姑の兆候」3つ
落ち込んでいる女性

(c) Piotr Marcinski - Fotolia.com



そんなネガティブなルーチンから一歩抜け出す、「断られてもへこまないメンタルのつくりかた」を、今でも営業No1ウーマンとして活躍されながらカラーコンサルタントとしても活動されている、ソーシャルカラーズ代表、岩崎圓(いわさき まどか)さんにお聞きしました。

■会社に戻りづらくて山手線を3周。「断られること」への意識が変わったのは…?

岩崎さんは、現役の営業ウーマン。年間で200社以上もの会社に営業をしているのだそう。

そんな中、これまでに営業で断られた経験をうかがってみると、「おそらく2万回は超えるでしょうね(笑)」とのこと。

もともとそんなにメンタルが強いほうではなかった、と岩崎さん。

とくに営業を始めた当時は、断られるたびに落ち込んで、会社に戻りづらくて山手線を3周したり、給湯室に閉じこもって泣いたり。夢にまで出てくるから眠るのが怖かった時期もあったそうです。

では、そこから「断られても落ち込まない」メンタルになれたのは、なぜ?

岩崎さんいわく、「断られて落ち込んでいる自分を、外側から見るように意識したらラクになれました」とのこと。具体的にどうしたらよいのでしょうか。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.