読んだら旅に出たくなる、街の魅力に惹きこまれる本3冊

 

ふと手に取った本からインスパイアされて、旅に出たくなることはありませんか? 表紙の色合いや佇まいが気になって、なんとなく手にしただけなのに、パラパラとページを繰り、写真や絵や行間から立ち昇る街の匂いやざわめきに触れた途端、一瞬にして心を奪われてしまうことが…。

© Irina Schmidt - Fotolia.com


いわゆるガイドブックとはひと味もふた味も違って、旅そのものへの憧憬をかきたて、心を自在に羽ばたかせてくれる魅力的な本を、3冊ご紹介しましょう。わざわざ休暇をとらなくても大丈夫。今すぐ旅立てますよ。さあ、行ってらっしゃい!

「北欧とコーヒー」が連れていってくれるお洒落な北欧巡り

「北欧とコーヒー」(萩原健太郎著、青幻舎刊)


表紙のきれいなブルーが目に留まり、書店で思わず手に取ったら、中身が濃くておもしろく手離せなくなりました。著者の萩原健太郎さんは、デンマークに留学経験もあるライター&フォトグラファー。北欧デザインに心惹かれたことが、出合いの発端だそうです。

写真提供/Henning Trollbäck(ヘニング・トロールベック)さん。 本書の「北欧・コーヒーを愛する人たち」の章に登場する、ストックホルム生まれのイラストレーター、ヘニング・トロールベックさんの朝は、愛用のスティグ・リンドベリのコーヒーカップに注いだコーヒーとともに始まる。


「なぜ、ヨーロッパの辺境から、世界中の人々に愛されるデザインが生まれたのか。何度も北欧を訪れ、現地の人々と会話を重ね、自分なりに見えてきたものがあるが、まだ確信は持てていない。ただ、彼らが自分たちの生き方に誇りを持ち、幸せを感じながら暮らしていることはわかった。そして、彼らのかたわらには、いつもコーヒーがあった」と、素敵な前書きにもあるように、本書はコーヒーで北欧を巡るユニークな切り口の本。

写真提供/Anna Irinarchos(アンナ・イリナルコス)さん。 同じく「北欧・コーヒーを愛する人たち」に登場するアンナ・イリナルコスさんは、友人のリサ・ヴィデンさんとデザインデュオ「ウィス・デザイン」を主宰するデザイナー。お気に入りのカップは、ロールストランドの「Mon Amie」。


カフェ、雑貨、ムーミン…、一杯のコーヒーから見えてくる北欧のライフスタイルが楽しい! 感激したのは「フィンランド映画とコーヒー」という章。アキ・カウリスマキ監督の「街のあかり」やクラウス・ハロ監督の「ヤコブへの手紙」など、映画の中のコーヒーを飲むシーンから、彼らとコーヒーの関係を味わい深く描き、芳しい余韻を残します。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.