顔の広い人が実践 相手の心を近づけるためのトーク術とは

2015年11月19日 07:00
 

バリスタの知人と話していたとき、その顔の広さに驚かされたことがあります。広い交友関係をもとに、ちょっとしたチャンスをつかんだ彼。聞くところによると、株でかなりもうけたのだそう。

関連リンク

・喧嘩をしても「お互い謝らない」が27.7% 謝らずに生活できるのが夫婦の●●?【パパママの本音調査】 Vol.31
・美輪明宏「人間力をつける・・・感情のコントロールと笑顔」
・お宅は…どう?夫婦の「会話時間と円満度」に深い関係アリと判明
新聞を読む女性

© WavebreakMediaMicro - Fotolia.com



初対面の人とも気軽におしゃべりできる、イタリアの人のコミュニケーション術には驚かされてばかり。しかし、「あの人は顔が広いよ」と誰もが一目おく人のトーク術は、少しちがうようです。

ここでは、ビジネスでもプライベートでも使える「相手の心をぐっと近づけるためのトーク術」について紹介します。

1.新聞の●●を読んで、トークのネタに

商社で営業をしている知人男性は、朝食のときに新聞を読むことを日課にしています。「どうやって時間を確保しているの?」と聞いたところ、「全ページのトップニュースだけを読んでいるんだよ」との答えが。

興味のないジャンルの記事でも頭に入れておくことで、どんな相手との商談でもうまく話すことができるのだそうです。

「新聞を読まない人も、ラジオを聞いたりテレビでニュースを見ていることがほとんど。そういうニュースはだいたい、新聞の各ページのトップになっていることが多いんだ」と語る彼。トップニュースを話のきっかけにすることで、契約成立につながっているといいます。

ジャンルごとに情報をわけて覚えたいから、テレビやラジオではなく、新聞を購入しているのだそうです。ときには重要記事を切りぬいて持ちあるき、クライアントと一緒に読んで、今後の見通しを話しあうこともあるとか。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.