カラダの不調は幸福度を下げる? 健康管理を習慣にするためのポイント5つ

2015年11月22日 11:00
 

現代人が悩まされがちな、睡眠障害や腰痛といった慢性的な苦痛は、幸福感を大幅に低下させる原因のひとつであると考えられているそう。

関連リンク

・まもなく300万枚、SMAP「世界に一つ」秘話とこれから
・余った粉ミルクの賢い活用法! フレンチトーストやカレーにも
・『第12回 好きな男性アナウンサー』日テレ桝アナが5連覇で殿堂入り
カップル 幸福

(c)astrosystem - Fotolia.com



思い当たることがあるひとは、自分のカラダやココロと向き合うことから始めてみましょう。何が不調で、原因は何か…とひとつずつ探り、生活を変えていくことで、改善できることは多いはず。

そこで今日は、健康管理を続けていくための5つのポイントをご紹介しましょう。

1. 簡単なことから始める

やるなら徹底的にと、ハードルを高くしてしまうのはNG。毎日でも実施しやすいことから始めましょう。

簡単なことでも、毎日続けることで意欲の向上や自信につながります。

2. お気に入りのアイテムを手に入れる

例えばジョギングやヨガを始めるのであれば、お気に入りのウエアをそろえてみます。身に付けたときにわくわく、気分が上がるとベストです。

3. 記録をつける

自分の不調や気づいたこと、改善のために行ったことを、簡単でいいので記録していきましょう。

カレンダーや手帳、スマートフォンのアプリなど方法は何でもいいのでとにかく記録を残すこと。原因不明の不調が、じつは生活習慣の何かと関連していた、なんてことが分かるかもしれません。

記録がたまっていくのを見ることで、続けていこう! という気持ちが増していく効果も期待できます。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.