週末は台湾へ。エナジーチャージして幸運を手にいれよう(パワースポット編)

2015年11月27日 22:00
 

2015年も残りすところ、あとわずか。仕事に恋に一喜一憂し、手にいれたものは、果たして運命のものだったのか悩むオトナ女子も多いはず。

目次

・台北のパワースポット「行天宮」
・台北の恋愛成就パワースポット「霞海城隍廟」
・台北最強パワースポットの異名を持つ「龍山寺」
行天宮

© maguyama - Fotolia.com



新たな年をむかえる前に、台湾のパワースポットを訪れてはみませんか? エナジーチャージとともに、2016年に出会うすべてのものが良縁であるよう祈ってみては。最強の幸運を手にいれて、ハッピーな1年をむかえましょう!

■台北のパワースポット「行天宮」

『三国志』で有名な、関羽が奉られている「行天宮」。人気の最大の理由として、御本尊が商売の神様である「關聖帝君(関羽)」であることが挙げられるでしょう。

大きな体と真っ赤な顔、そして頭上の龍と男らしいヒゲ。劉備玄徳に仕える武将がまつられているとあって、毎日約1~2万人が参拝しているそうです。

参道では青い法衣を着た女性が、衣服などに線香の煙をかける「収驚」というお払いの一種を行っています。

これは、魂が抜けた人の「魂」を戻すための儀式なのだそう。台湾では、魂が抜けているのをほおっておくと、徐々に体が衰弱してしまうといわれています。

ぼーっとしがちで失敗が続いている人にオススメ。一度試してみてはいかがでしょう。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.