部下の教育に役立つ3つの資格

 

職場でマネージャーやリーダーと呼ばれる立場になったとき、メンバーに対してどう接したらいいのだろう? と悩む人も多いものです。

そんな時、役立つ知識を身に着けることができる資格を3つご紹介します。

オフィス 

(c)contrastwerkstatt - Fotolia.com



■日商簿記検定

簿記の知識を身に着ければ、会社に入ってくるお金、社内外の活動に使われるお金の流れについて、理解を深めることができます。

帳簿書類について、まず職場のリーダーが理解し、後輩・部下にお金の流れについて分かりやすく伝えることで、後輩・部下の「利益、経費」に関する意識を高めることができるでしょう。

日商簿記検定は、簿記の能力を証明するための試験として人気が高いです。

平成27年6月14日に行われた日商簿記検定2級試験の合格率は34.5%ですので、しっかりと対策を行って理解して試験に臨むことが求められます。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.