スナック菓子がやめられない理由とは?

2015年12月22日 22:00
 

スナック菓子の袋を開けたらつい最後まで食べてしまって…と、後悔することってありませんか?

目次

・食べ過ぎてしまう理由とは?
・スナック菓子を食べすぎないためには?
お菓子 子供

(c)Halfpoint - Fotolia.com



実は「止められない」のは、理由があったのです。

■食べ過ぎてしまう理由とは?

スナック菓子を食べ過ぎてしまうのは、お菓子に濃縮・精製された食用油や砂糖・塩を使っているのが、主な原因と言われています。

この原因については、ネズミを使った実験でも確認ができます。

ネズミに普通のえさをあげたときは、おなかがいっぱいになったところで食欲がおさまります。

しかし逆に濃縮・精製された食用油や砂糖を入れたエサを食べさせたときは、おなかがいっぱいになっても、エサを食べ続けてしまったのだそう。

濃縮・精製された食用油や砂糖・塩を使ったものを食べ続けているときの脳は、「もっと欲しい」という指令を出しています。

人間の歴史の中で、肥満に悩むことができるようになったのは、つい最近。それまでは、脂肪や脂質は生きていくために、せっせととらなくてはならないものでした。

そのため、人間は基本的に脂肪や脂質、砂糖を使ったものは「おいしい」と感じるようにできています。

砂糖や脂肪を多くとるために加工し「おいしいところだけ」を食べるような工夫をしてきてしまったのです。

スナック菓子はその代表。塩分・糖分・脂肪分を、高濃度・高純度にして作っています。

スナック菓子を食べないようにするには、買わないのが一番! ですが、何かのご褒美に食べるくらいはOKということにしましょう。

でも、一袋全部! は避けたいですよね。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.