初詣、新年の挨拶周りに持っていきたい大人女子アイテム

 

もういくつ寝るとお正月。初詣やお節、門松やしめ飾りなど、日本人ならではの風習をより身近に感じられる行事ではないでしょうか。

せっかくなので、「和」な気分を盛り上げるアイテムを取り入れて、お正月の行事を楽しんでみてはいかがでしょう。

風呂敷

そこでおすすめしたいのが「風呂敷」です。近年、エコアイテムとしても再注目されている風呂敷の上手な取り入れ方を、年始のシーンごとにご紹介します。

■2年参りに初詣、多くの人出で混雑するときこそ、風呂敷が活躍!

年越しからのお正月といえば、はずせないのが2年参りや初詣。人出が多いところに行くなら、荷物はできるだけコンパクトにまとめたいものです。

そんなときこそ、風呂敷の出番。たたんでバッグにしのばせておけば、お参りのあとに神社で縁起物などを購入して荷物がふえたときにも、簡単なエコバッグができます。

エコバッグとして使うなら、90~100cm四方の大判サイズの風呂敷がおすすめです。

<風呂敷しずくバッグの結び方>
1、裏面を上にして三角にたたみ、両端を結ぶ
2、表に返して、結び目を中に入れる
3、先端部分を、結び目が水平になるよう2回結ぶ(以下真結び)

100円ショップなどで手軽に買える「取っ手リング」を使った結び方がこちら。

<風呂敷いちごバッグの結び方>
風呂敷いちごバッグの結び方
1、裏面を上にし、角の2か所をリングにかぶせる
2、かぶせた角の端を手前に引き、真結びをする
3、もう片方も同様にし、形をととのえる



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.