「運がいい人」の共通点とは? 2016年をハッピーに過ごしたい人におくるヒント

 

宝くじにおみくじなど、運だめしをしたくなる機会が増える年末年始。もしも、10億円当たったら!? きっと誰もが「私って、すごく運がいい!」と思うのではないでしょうか。

笑顔の女性

© Syda Productions - Fotolia.com



ところで、「運がいい」ってどういうことでしょうか。宝くじ当せんのように、自分の意思とは関係なく、偶発的に、予期せぬラッキーが舞いこんでくること? それとも、自分のチカラで切りひらけるもの? 今回は「運」のことを考えてみます。

■「運」を味方につけるために、今日からできる小さなこととは?

さきに、冒頭の「運がいい」について筆者が思うところから述べると、「自分で切りひらけるもの」のような気がしています。

たとえば、「トイレを毎日みがいて金運アップ」というケース。神さまがいるかどうかはともかくとして、行動することで、おのずとお金のやりくりにも意識が向き、結果的に「金運がアップした」となる可能性もあります。

つまり、トイレの神さまに丸投げをするのではなく、自分の意思や行動がはたらくことで「運がよくなった」と感じられるようになるのではと、個人的に思っています。

運がいいも悪いも、その人の気のもちよう。行動によって変えられると仮定した場合、どんなことをすれば「運」が向いてくるのでしょうか? じつは、ある本のなかにヒントをみつけました。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.