新しい年に奇跡を呼び込む! 年末年始にぜひやりたいこと3つ【心屋仁之助 塾】

 

年が暮れ、新しい年を迎えると、気分も一新しますね。子どもの頃、大晦日には、何かにつけて「今年最後の●●」と言ってはしみじみ味わい、新年には「今年最初の●●」と言っては、新たな気持ちで味わったものです。

時間を区切るとは、気持ちを区切ることでもあり、素敵なことだなあと思います。

マグカップを持った女性

(c) Artem Furman - Fotolia.com



さあ、2015年を振り返って愛しみ、2016年に奇跡を呼び込む準備をしませんか? 手順は、次の3つです。

■1:2015年、自分を褒めてあげたいトップ10を書き出す

年末になると、自分の「重大(10大)ニュース」を振り返る人が多いかもしれません。そのとき、どんなものを選ぶでしょうか。きっと自分に起きた出来事を挙げるでしょうし、人や会社、世間に認められたことがランクインするかもしれません。

例えば、●●に選ばれた、リーダーになったなど「された・なった」こと。それもいいのですが、今回は、自分に焦点を当てて、自分で自分を褒めてあげたいトップ10を選んでみましょう。

新しく始めたこと、やめたこと。勇気を出したこと。わからないまま、えいやっと決断したこと。リスクを覚悟してやったこと。コツコツやったこと。自分の変化を感じたこと。パターンを崩してみたことなどなど。

人と比べなくていいですし、どんな小さなことでもいいので、書き出してみましょう。もしも、たくさん出てきたなら、もう10こに拘らずに、全部書きだしちゃいましょう。

そして、それらをどう褒めたいのか、また、感謝したい人の顔が浮かんだら、その人の名前も書いてみましょう。

全部書き終えたら、それらを眺めて「2015年も、よくやったなーーー私! 偉かったな―――私!!」と叫びましょう。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.