じつは人なつっこくて人間好き!? 疲れた心を癒やしてくれる、うさぎとの生活

 

近ごろペットとして人気が高まってきているうさぎ。鳴かないうえにあまりニオイもしないため、飼う人が増えているのだそうです。うさぎの特徴や飼い方を紹介します。

手のなかにいるウサギ

© kazoka303030 - Fotolia.com



■うさぎは意外と長生き

筆者は20年間で、3匹のうさぎを飼いました。つねに何かしらの動物がいる環境で育ったため、ひとり暮らしをするようになって動物がいない生活に耐えられず、動物を飼おうと思いたちました。

でも鳴き声がしてはいけないし、散歩をさせる時間はなさそうだし…と考えて、たどりついたのが「うさぎ」でした。

うさぎのよいところ

  • 鳴かない
  • 散歩をしなくてよい(うさんぽなるものもありますが、絶対ではありません)
  • 草食なので、におわない
  • 思いのほか長寿(12歳くらいまで生きます)
  • かわいい姿に癒やされる

■タレ耳や大型など、さまざまな品種が

一般的に知られているうさぎといえば、学校で育てている白くて赤い目のうさぎではないでしょうか。ペットショップでは外国産の品種が多くみられ、なかでも以下の2品種がとくに多いようです。

・ネザーランドドワーフ
オランダが原産国。ピーターラビットのモデルになったといわれていて、うさぎといえばこの姿を思い浮かべる人も多いのでは。ドワーフ(小人)という言葉のとおり、体重は1kg前後で、小さめの品種です。性格は活発で好奇心旺盛。

・ホーランドロップ
いわゆるタレ耳うさぎです。こちらも名前のとおりオランダが原産国です。大きさはドワーフよりは大きく1.5kg以上が多いです。性格は温和で人懐い。

この2品種以外にも、大型種のフレミッシュジャイアントや、もふもふの毛のジャージーウーリーなど約150種もいるそうです。




新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.