アパートやマンションでもOK!? 4月からスタートする電力自由化についての疑問

 

2016年4月からはじまる電力自由化にともない、新たに電気事業に参入する各社のCMをよく目にするようになりました。この1月から、すでに切りかえの申しこみを受けつけている新電力会社もあるようです。

黒板に電球を描く女性

© denisismagilov - Fotolia.com



電気代が安くなるなら新電力会社にかえてもよさそうだけど、まだわからないことだらけ。そこで、切りかえを検討する際に、気になってしまいがちな疑問を調べてみました。

■電力自由化って何? 私たちの暮らしはどう変わる?

資源エネルギー庁では今回の「電力の小売前面自由化」について以下のようにあります。

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。

これまでは特定の電力会社からしか買えなかった電気ですが、さまざまな企業が参入すれば、より多くの料金やプラン、エネルギーなどから選択できる利点がありそうです。

2016年1月現在、関東圏で予約受付を開始している主な企業はこちらです。

  • 東京ガスの電気
  • 東急パワーサプライ
  • ENEOSでんき
  • J:COM電力
  • イーレックス・スパーク・マーケティング
  • ソフトバンクでんき(1月28日より受付開始)
このほかにも、KDDI(au)、NTTドコモなども参入予定とのことです。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.