話題の格安SIMは本当にお得? 安くなる人の条件&乗りかえかたを解説

2016年1月24日 17:00
 

ここ最近、通信費が安くなると注目を浴びている格安SIM。周囲でもSIMフリーにしてスマホ代が安くなった、という話はよく聞くし、興味はあるけれど、なんとなくむずかしそうで乗りかえられない…という女性もいることでしょう。

関連リンク

・先を見越した大きめ靴はNG!靴屋が教える「子ども靴」の正しい選び方3つ
・見慣れない丸や線が…「新しい洗濯表示」何が変わったか知ってますか?
・時短どころかむしろ非効率!「主婦が複数の家事を同時に行う」リスク3つ
スマホを使う女性

© Photographee.eu - Fotolia.com



ここでは実際に格安SIMに替えた筆者の経験をもとに、事前にチェックしておきたいポイントから乗りかえかたまで、かんたんに解説します。

■格安SIMにすれば、通信費は誰でも安くなる? 事前のチェックポイント

格安SIMにしたら、誰でも通信費が安くなるというわけではありません。安くなる可能性がある人の条件がこちら。

  • 通話はあまりしない
  • 家や会社ではWi-Fiにつなげている
  • 外出時や移動中など、Wi-Fi環境下にないときは動画をあまり見ない
格安SIM業者が提供しているプランは、「データ通信量の上限ごとの料金+話したぶんだけの通話料」であることがほとんどです。月のデータ通信量が3GB以内であれば、いちばん安いプランに設定できます。

では、毎月のデータ通信量を知るには? ちょっと面倒ですが、以下の手順を踏んでください。

  • 現在契約している通信会社の「マイページ」などから、パケット数を調べる
  • パケット、バイト換算ができるサイト(検索で出てきます)で、バイトを知る
筆者は、家ではWi-Fiにつなぎ、外出や移動時は動画ではなくネットやGoogleマップを見る程度。通話はFaceTimeなどのサービスが中心で月3GB以内におさまっていました。

そのため、SIMフリースマホの「月々3GBプラン1,780円+通話料」にかえてから、月々の通信費を3,000円前後におさえることができました。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.