前日の夕飯にもヒントが!? イタリア人に学ぶ、冬の朝にスッキリ起きられる方法

 

寒い冬は、ふとんからなかなか出られないもの。朝食をとる時間もなく、職場につくころは空腹でふらふら…というシーンは、日本だけでなくイタリアでもちょいちょい見られます。

寝起きの女性

© BillionPhotos.com - Fotolia.com



しかし、知人宅のパーティーに行ったとき「僕は冬でもすぐ起きられるよ」と豪語する男性がいました。「コツは何?」とその場にいたみんなが食いついていて、誰もが同じ悩みを抱えているのね…と思ったものです。

誰もが「ふとんの誘惑」に苦労するこの時期ですが、ベッドから出られないと朝の貴重な時間をムダにしてしまいがち。ここでは、「すっきりと朝を迎えている人が実践しているコツ」についてご紹介します。

1.夜は腹6分目+ホットミルク

ある知人男性が、転職してまもないときの話です。新しいオフィスで働きはじめて1週間と立たないうちに、寝坊で遅刻してしまったそう。

おかげで来社していた顧客への自己紹介が遅れ、「上司の冷ややかな視線といったらなかった」と冷や汗をかいたといいます。

「目覚ましは全部途中で止めてしまって意味がない。2月のまっただなかで寒くて、ふとんから出にくいのもこたえた」と、強制的に目をさますための方法に限界を感じた彼。

悩んでいたとき、同棲している彼女がダイエットをはじめたそう。彼女に付きあって同じボリュームの食事をとりベッドに入ったところ、次の日の目覚めがスッキリ。

「僕には少ない夕食だったから、寝る前にホットミルクを飲んだけど、それでも次の日の朝に空腹になって目覚めたんだ。起きるのに苦労しないなんて小学生以来だよ」と大よろこびだったとか。

以来、彼のウィークデーの夕食は、腹6分目+ホットミルクのみ。休前日や週末だけ通常のボリュームで夕食を楽しむのが習慣になったそうです。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.