ぬけがけはNG!? 人間関係を円滑にする、職場のバレンタイン作法

 

もうすぐバレンタイン。職場での対応に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。軽い気持ちで渡したつもりでも、相手から誤解されてしまったり、あげない派の女子から反感を買ってしまったり…。

プレゼント

© 5second - Fotolia.com



職場のバレンタインをソツなくこなすコツを紹介します。

■ぬけがけは絶対NG

当たり前のように用意したら自分だけだった! という事態だけは、絶対に避けましょう。まずは周囲の動向を確認し、歩調をあわせておくのが無難です。

基本的には、これまでの慣例にならうこと。その部署では、皆どうしていたか。あげていた場合はどこまで(誰に)、予算はいくらぐらいだったか。個人か連名か…などを確認します。

参加するなら、そこから大きく外れないラインを見きわめましょう。あまりにも積極的に幹事役を引きうけたり、品物選びを張りきりすぎると周りにドン引きされるので気をつけて。

■周りの意見がわかれるときは要注意

周りが「あげる・あげない派」にわかれるときは、派閥争いに巻きこまれないように気をつけましょう。「あげるべきか、あげないべきか」といった、「どちらが正しいか」という議論はなるべく避け、マイルールを持っておくのがよさそうです。

あげない場合、「金欠だからパス!」「本命の彼に怒られるから…」など、他人から口出しされにくい理由があると断りやすくなります。

逆に、あげたいけど、男性にこびているように思われそう…という場合は、男性だけでなく、女性にもちょっとしたプレゼントをすることを提案してみては。日ごろの感謝を伝える機会、という認識が伝わるので、誤解を招きにくくなります。




新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.